予防接種に義務は発生するの?気になる費用やワクチン接種の適正時期とは

予防接種について

病院に連れてこられた猫

 勢いよくキャットタワーを駆け上ったり、夢中になっておもちゃで遊んでいる姿を見ると、癒されるだけではなく何となく安心できますよね。

 ところが、ある日突然くしゃみをし出したり、鼻水が出てきたりと、人間の風邪と同じ様な症状を発症する事があるんです。

 そんな猫の病気を防止するために予防接種が行われるのですが、何歳に受けさせたら良いのか?費用はいくら掛かるのかなど、気になるところも多いですよね。

 そこで今回は、猫の予防接種の適正時期や費用についてまとめてみました。

sponsored link

そもそも予防接種とは?

暴れる子猫

義務は発生するの?

 インフルエンザが流行する時期など人もおこなう予防接種ですが、猫の予防接種にはどんな種類があり、どんな病気を防ぐ効果があるのでしょうか?

 猫の予防接種は主に「3種混合」「4種混合」「5種混合」と呼ばれるワクチンの種類が存在し、これらはそれぞれ以下の病気を防止するために接種されています。

ワクチンの種類と感染症名一覧

予防効果 3種混合 4種混合 5種混合
猫ウィルス性鼻気管支炎
猫カリシウィルス感染症
猫汎白血球減少症
猫白血病ウイルス感染症  
クラミジア感染症    

 各ワクチンの適応範囲と予防効果はこのようになっていますが、なかには「6種混合」や「7種混合」といった更に予防範囲を拡大したワクチンも存在します。

 ただ、この予防接種は義務ではないため、あくまでも飼い主の考え方次第というのが現状となっています。そのため、これらワクチンを接種していない家庭も多く存在するそうです。

 各家庭の環境等もあるため一概に言う事は出来ませんが、完全な室内飼いをしていても人間が外を出入りする限り、家内にウイルスが入らないとは言いきれません。

 愛猫に少しでも長生きをしてもらいたい、健康でいてもらいと思うなら毎年接種させるようにするのが良いでしょう。


sponsored link

予防接種を行う時期

診察台に乗せられた猫

適正年齢など

 次に、予防接種の適正時期や年齢はいつなんでしょうか?

 これは、初めてワクチンの接種を受ける場合と、すでに数回打っている場合とでは時期が異なりますが、子猫が初めて受ける場合の年齢は、生後2カ月~3ヵ月が適正時期と言われています。

 ただ、子猫の時に初めて接種した場合に限り、より病気に対する免疫を精製させるため最初の接種から約3週間~4週間以内にもう一度同じワクチンの接種が行われます。

 その後、毎年1回の予防接種が推奨されていますが、その理由としてこのワクチンの効果が約13ヵ月間しか持たないと言われている事が挙げられます。

 そのため、毎年1~2ヵ月の前後はあるかもしれませんが、最後の接種から約1年後に再びワクチンを打つようにしましょう。


費用はどれくらい?

洗濯ネットに入る猫

接種時の値段など

 ここまで、ワクチンの種類や効果、適正時期についてまとめてきましたが、やはり費用も気になりますよね。

 そこで、以下にワクチン各種の平均的な費用をまとめてみたので確認してみましょう。

ワクチンの平均価格
  • 3種混合 3,500円~5,000円
  • 4種混合 4,500円~6,500円
  • 5種混合 6,000円~7,500円

 各市町村や地域によって価格に多少の前後が生じる事もありますが、各種の平均価格はこのようになっています。

 1年に1回とは言え、5種混合ともなると決して安いとは言えませんよね。ただ、3種混合であれば3000円程度の費用に抑える事が出来ますし、なにより数千円で毎年愛猫の病気を予防する事ができるなら、確実にやっておきたいところですね。

sponsored link

Message

AdSense