キャットフードをふやかす方法や水につける時間って?どんな時に与えるの?

キャットフードと水

 カリカリとした食感が美味しそうなドライフード。ただ、時には「ふやかして」与えることも必要になります。

 水でふやかすことで柔らかくなり、まだ歯が生えてない離乳期の子猫や、噛む力が弱くなった老猫にとっては食べやすく消化も良くなるんです!

どんな時に与えるの?

警戒しながらご飯を食べる猫

 柔らかくするならウェットフードでもいいのでは?と考えそうなものですが、ドライフードは「総合栄養食」として猫に必要な栄養素がすべて詰まった食事に対し、ウェットフードは「栄養補完食」や「一般食」と呼ばれ、それだけ食べていても猫に必要な栄養素すべてを補うことが出来ません。

 そのため、柔らかいウェットフードではなく、固いドライフードをふやかす必要があるんですね!

 冒頭でもお話ししたように、まだ歯が生えてない離乳期の子猫や、噛む力が弱くなった老猫にとっては食べやすく消化も良くなるので、それだけでもメリットは大きくあります。

 ただし、柔らかいことで歯石が付着しやすく、猫に多いと言われている「歯周病」にかかりやすいデメリットも抱えているので、ふやかしたフードはあくまでも離乳用や、歯がない場合、噛む力が弱いという猫だけにし、健康な成猫は顎を強くし歯の成長や虫歯予防にもなる固いままのドライフードを与えるようにしましょう。

ふやかし方って?

ドライキャットフード

ふやかす時間など

 では、実際にドライキャットフードをふやかす際の手順を以下にまとめてみたので、確認していきましょう。

 ①猫の月齢にあったフードを用意し、猫に見合った量を器に入れる。
このとき、器は浅いものより少し深みのあるものにしましょう。

 ②ドライフードが浸かるくらいのぬるま湯を入れる。
熱湯をかけると早くふやけるようですが、キャットフードに含まれるビタミンが熱によって破壊されることがあるようなので、ほどよいぬるま湯にしましょう。

 ③硬さを確認して出来上がり。
カリカリの感覚がなくなる程度(約10分前後)に柔らかいことを確認し、念のため熱くないか確認してください。

 以上が、キャットフードをふやかす方法になります。非常に簡単な手順でしたね!

 ただ、ドライフードは元々そのまま食べるように作られているため、ふやかしたものは鮮度が落ち劣化が進みやすくなるので、なるべく早く食べさせましょう。食べ残した分はもったいなくても破棄し、その都度新しいものを作ってあげるようにしましょう。


寝ている子猫

仔猫の場合

 子猫にふやかしたキャットフードを与えるのは、生後100日(約3か月)までが目安とされています。生後2か月くらいからは、ふやかすお湯の量を減らしていき、徐々に硬さのあるものに変えていきましょう。

 初めから固いままドライフードを食べられる子猫もいるようですが、消化器官がまだ未発達なことに加え、かみ砕くことをしっかりと覚えていなければ、そのまま飲み込んで喉に詰まらせる恐れもあるので気を付けましょう。


窓辺で寝る猫

老猫の場合

 老猫の場合、噛む力や消化能力が衰えているので、柔らかいドライフードは食べやすくていいですね。ただ、あまり柔らかくし過ぎてしまうと、さらに噛む力が弱まる可能性があるので、ある程度の固さは残すようにしましょう。

 また、なかなか食べてくれない時は食欲が落ちている事も考えられます。そんなときは、ふやかしたドライフードにウェットフードを混ぜ込んでみたり、スープタイプのウェットフードでドライフードをふやかすと、食欲が増すこともあるようなので、試してみるのも良いですね。

まとめ

ご飯を食べる猫


 ここまで、キャットフードを水でふやかす方法やどんな猫に向いているかなどの情報をまとめてきました。

 飼い猫が元気に成長し、健康な生活を送ってもらうためにも、美味しく食べやすい食事を作ることは飼い主の務めです。

 水でふやかしてから与えるというのは少し手間はかかってしまいますが、猫の状態にあった美味しい食事を準備してあげてくださいね!

※関連記事
どれがいいの?オススメのキャットフードや良くない原材料の見分け方とは?

sponsored link

AdSense