えっ…?猫って芸を仕込むと覚えてくれるの!?ハバナブラウンの性格や特徴とは

ハバナブラウンの歴史

段ボールに入ったハバナブラウン

繁殖が行われない時期も…。

 ハバナブラウンの起源は、1890年にチョコレートポイントのシャムと、栗褐色の黒猫を掛け合わせ誕生したのが始まりと言われています。

 当時、栗褐色の被毛とグリーンの瞳を持ち合わせていたことから「スイス・マウンテンキャット」と呼ばれ、イギリスやヨーロッパで広く知られていました。

 ただ、ブルーではなくグリーンの瞳をしている事や、被毛が単色である事を理由に人気が落ち、一時は繁殖が全く行われない時期もありました。

 ですが、1950年代に入りチョコレート色の被毛やエメラルドの様に綺麗な瞳が評価されはじめ、1964年にはCFAに認定されるなどの出来事を経て、現在に至ります。

sponsored link

ハバナブラウンの性格

キャットタワーで遊ぶハバナブラウン

芸を覚えるほど知的!

 そんな、綺麗な被毛と宝石のような瞳をもつハバナブラウンの性格はシャムに似てとても好奇心が強く、元気な性格の子が多くなっています。

 また、非常に知的なことでも知られており、中には芸を覚える猫もいるなど、飼い主とコミュニケーションを図るのが大好きな猫種と言われています。

新聞を読む知的な猫

 ただ、長期間に渡り構ってもらえないといじけてしまうなど、少し嫉妬深い一面も持ち合わせています。

 そのため、多頭飼いの環境に置く場合は常に意識してあげるなどの気遣いが必要となっています。

ハバナブラウンの平均体重

何かを見つめるハバナブラウン

大きくなる猫種なの?

 さて、ハバナブラウンはどこまで成長する猫種なのでしょうか?基礎となっているシャムがそれほど大きくないため、あまり大きくならない事が予想できますが…。

 そこで、以下に平均体重を雄(オス)と雌(メス)別に、それぞれ分けてまとめてみたので確認してみましょう。

ハバナブラウンの平均体重
雄(オス) 3.6kg~4.7kg
雌(メス) 2.6kg~3.8kg

 ハバナブラウンの平均体重は、雄(オス)で3.6kg~4.7kg、雌(メス)で2.6kg~3.8kgとなっており、やはり平均的な猫よりも少し小さめの体型となっています。

sponsored link

ハバナブラウンの平均寿命

子猫のハバナブラウン

どれくらい生きるの?

 次に、平均寿命は一体どれ程となっているのでしょうか?

 愛猫の寿命を考えるのも少し酷な事ではありますが、これも飼い主の責任としてしっかり把握しておくべき内容と言えます。

 そこで、以下に平均寿命をまとめてみたので確認してみましょう。

ハバナブラウンの平均寿命
11歳~14歳

 ハバナブラウンの平均寿命は11歳~14歳となっており、一般的な猫の平均寿命が15歳前後とされているため、それよりも少し短めと言えます。

 ただ、しっかりと健康管理をすることで平均寿命以上に生きる猫も多く存在するので、食事の管理はしっかりと行うようにしましょう。

飼育時の注意点

カメラを見つめるハバナブラウン

ほとんど手間が掛からない!

 ここまで、ハバナブラウンの歴史や性格、平均的な体重や寿命についてまとめてきましたが、これから一緒に暮らす上で注意すべき点などはあるのでしょうか?

 まず、とても運動量が多く好奇心が旺盛な猫種となっているので、上下運動ができるキャットタワーや、常に遊べるおもちゃを準備してあげましょう。

 被毛は短毛となっているため、1日1回程度のブラッシングで良いでしょう。お風呂に入れる必要もほとんどないため、非常に飼いやすいタイプと言えます。

sponsored link

Comment

  1. 名無しさん より:

    教えていただきありがとうございます!! 
      すいません・・・もう一つ教えてもらいたいことがあるのですが・・・いいですか?ハバナブラウンって性格的にも、体格的にも、掛け合わせたシャム猫と栗褐色の
    黒猫、どちらに近いと言えば良いのでしょうか??(遺伝性も含めて)
      ・・・すいません・・・分からないと思います・・・

    • 管理人 より:

      名無し様

      >ハバナブラウンって性格的にも、体格的にも、掛け合わせたシャム猫と栗褐色の
      >黒猫、どちらに近いと言えば良いのでしょうか??(遺伝性も含めて)

      あくまでも管理人の私的見解として回答させて頂きます。
      シャムの性格は、警戒心が強く人に慣れるまでに多少時間を要し、基は人にあまり懐くような性格ではなかったと言われています。(飼い主には甘えるようです。)

      一方、ハバナブラウンは飼い主次第では芸を覚えるほど人とコミュニケーションを計るのが好きな猫種と言われています。
      もちろん共通するところもあるので、これら比較から性格に関しては半々と言えると思います。

      体格に関して。
      シャムの平均体重が
      雄(オス) 3.0kg~4.0kg
      雌(メス) 2.2kg~3.6kg

      となっており、ハバナブラウンの平均体重が
      雄(オス) 3.6kg~4.7kg
      雌(メス) 2.6kg~3.8kg
      となっています。

      これは、一般的な猫と比較するとシャムもハバナブラウンもとても軽く、よく似た体型となっています。
      そのことから、性格や体格を含め総合的には「シャム」の方の血を色濃く継いでいるのではないかと考えられます。
      この回答が正解という訳ではございませんが、名無し様が知りたいことの参考になればと思います。

  2. 名無しさん より:

    ハバナブラウンは、もともとタイの国宝だって聞きました。(いまは、違うらしいです)この種類は、シャムがタイの原産なので、タイが原産ということになるのでしょうか?

    • 管理人 より:

      名無し様

      コメント頂きありがとうございます。

      >ハバナブラウンは、もともとタイの国宝だって聞きました。(いまは、違うらしいです)この種類は、シャムがタイの原産なので、タイが原産ということになるのでしょうか?

      こちら、名無し様の仰る通りハバナブラウンは元々タイに存在したシャム猫が起源になったと言われています。
      ただ、1800年代にタイからイギリスへ輸出されたシャム猫を基に誕生したのが「ハバナブラウン」と言われていますので、あくまでも原産国は「イギリス」、誕生にまつわるルーツや起源が「タイ」という認識で良いのではないでしょうか。

      管理人も、まだまだ知識不足なところが多々ございますが、今後もより良い情報をご提供できますよう頑張っていきますので、これからもねこびあ~猫のトリビア~を宜しくお願い致しますm(_ _)m

Message

AdSense