招き猫より幸せを運ぶ!?コラットの性格や特徴とは

コラットの歴史

コラットの子猫

コラットは幸せを運ぶ猫?

 コラットは、タイ王国の北東部に位置するコラット地方に自然発生した猫種とされており、タイ王国では「幸福の猫=シ・サワット」と呼ばれています。

 また、タイでは古い書物にも描かれるほど長い歴史をもつ幸福の猫とされていることから、結婚する花嫁に贈与されたり、タイの切手のデザインに採用されるなど、幸せや国の繁栄を象徴する存在として扱われているそうです。

sponsored link

コラットの性格

昼寝をするコラット

コラットは甘えん坊?

 そんな、幸せの象徴とされるコラットの性格は、社交的でとても人懐こく、ちょっと甘えたがりな性格となっています。他にも、「視覚」「聴覚」「嗅覚」が非常に優れているとされており、物覚えが非常に速い猫とも言われています。

 ただし、その反面マイペースでありながら頑固で束縛心が強く、飼い主が構ってあげないと、いじけてしまう?可愛らしい一面もあるそうです。

落ち込んでいる猫

 また、コラットは見た目にわかる通り「ロシアンブルー」や「シャルトリュー」と非常によく似ており、その愛らしい見た目から一部芸能人に飼われていたり、映画に登場するなど人気の猫種となっていますが、現在では希少な猫種のため、日本国内で飼われている方は少ないんだそうです。

sponsored link

コラットの平均体重

あくびをするコラット

どこまで大きくなるの?

 では、コラットはどこまで大きくなる猫種なのでしょうか?絶対数が少ない為、なかなか飼うことが難しい猫ですが、これからコラットと一緒に暮らす予定の方にとっては非常に気になるポイントですよね。(…羨ましい。)

 そこで、以下にコラットの平均体重を雄(オス)と雌(メス)別に、それぞれ分けてまとめてみたので確認してみましょう。

コラットの平均体重
雄(オス) 4.0kg~7.0kg
雌(メス) 3.0kg~5.0kg

 コラットの平均体重はこのようになっており、雄(オス)で4.0kg~6.0kg、雌(メス)で3.0kg~5.0kgとなっています。これは、一般的な猫の平均体重とほぼ一緒の数値となっており、そこまで大きくはならない事がわかります。

sponsored link

コラットの平均寿命

コラットの子猫達

コラットと暮らせる時間

 次に、コラットの平均寿命は一体どれ程となっているのでしょうか?

 これから暮らそうとしているのに、寿命などは気にしたくないところですが、これも飼い主の責任と思い、しっかりと把握しておきましょう。

 コラットの平均寿命は、以下のようになっています。

コラットの平均寿命
11歳~15歳

 コラットの平均寿命は11歳~15歳となっており、一般的な猫の平均寿命が15歳とされているため、それとほぼ一緒の寿命となっています。

 ただし、これはあくまでも平均寿命であり、飼い主が猫の食生活をしっかりと管理してあげる事で、寿命がもっと長くなることは十分に考えられます。

飼育時の注意点

トランプをするコラット

コラットは太りやすい!?

 ここまで、コラットの歴史や性格、平均的な体重や寿命についてまとめてきましたが、これからコラットと暮らす方が注意すべき点がいくつか存在します。

 まず、コラットは体質上、太りやすい猫とされています。

 そのため、飼い主が食事の管理をしっかりと行ってあげないと、顔の輪郭が丸くなる事はもちろん、肥満体になってしまう可能性も十分に考えられるため、食事の管理はきちっと行いましょう。

 また、コラットは独占欲が強いため、他の動物と同居する事が難しいと言われているため、成猫になってからの多頭飼いは、ストレスを与えてしまう事が考えられます。

 甘えん坊な性格の上に、独占欲も強いとされているため、コラットにストレスを感じさせないよう配慮してあげましょう。

sponsored link

Comment

  1. コラット より:

    ちゃんとべんきょうしましょうね。

  2. 名無しさん より:

     コラット・・・幸福のねこ。なぜそういう思想が、うまれたのでしょうか?例えば
    シャム猫は、高貴な生まれの人しか飼えなかった程美しい猫です。しかし、幸福を呼びはしませんし、幸福を呼ぶという思想はありません。
     コラットは、なぜ幸福のねことして大切にされてきたのでしょうか?また、なぜそのように幸福のねこと呼ばれているのに、シャム猫のような高貴な人だけとか飼う人に
    制限をつけなかったんでしょうか?

    • 管理人 より:

      名無し様

      コメント頂きありがとうござます。

      >コラット・・・幸福のねこ。なぜそういう思想が、うまれたのでしょうか?
      >コラットは、なぜ幸福のねことして大切にされてきたのでしょうか?また、なぜそのように幸福のねこと呼ばれているのに、シャム猫のような高貴な人だけとか飼う人に制限をつけなかったんでしょうか?

      調べてみたところ、今から約700年前にはすでに「幸福の猫」として扱われていたそうなので、なぜそういう思想になったのか?大切にされてきたのか?という明確な答えを見つけることは出来ませんでした。
      ただ、シャム猫の様に高貴な人だけに制限を設けなかったのは、万人に幸せが行き届くようにという当時の国王のはからいだったのかもしれませんね。

Message

AdSense