そんな見た目なのに…もともとは無毛だった!?ラパーマの性格や特徴とは

ラパーマの歴史

子猫のラパーマ

元々は無毛だった?

 ラパーマは、1982年にアメリカのオレゴン州でさくらんぼ農園を営むコール夫妻が飼っていた、「スピーディ」と言う名の猫が産んだ子猫が始まりと言われています。

 その子は、産まれてきた数匹の子猫の中でも唯一被毛が無く、他の兄弟とは明らかに違う状態で生まれてきました。

 ですが、心配された健康状態にも問題がなく、生後8週目あたりから少しずつ被毛も生え始め、1年も経つ頃にはクセのある巻き毛ではあるものの「カーリー」と名付けられ、立派な成猫として育ちました。

 その後、カーリーが産んだ子猫達もまた同じような巻き毛であった事から、これは遺伝性のものである事がわかり、研究が進められた結果、現在のラパーマの原型になったとされています。

sponsored link

ラパーマの性格

成猫のラパーマ

まさに猫の性格そのもの!

 そんな、今の見た目からは想像できない状態で生まれてきたラパーマの性格は、とても好奇心旺盛で元気な性格の子が多くなっています。

 もともとは、農場で害獣駆除の為に働く「ワーキングキャット」として扱われていたため、その名残が強く残っていると言えます。

握手でお金をもらう猫

 また、とても愛情深く甘えん坊な一面も持ち合わせているため、飼い主のひざの上に乗ってきたり、飼い主にぴったりと寄り添うなど、可愛らしい表情を見る事もできます。

 そのため「やんちゃだけど甘えん坊」と言う、いかにも猫らしい性格が愛猫家の心をくすぐり、とても人気のある猫種となっています。

ラパーマの平均体重

カメラ目線のラパーマ

どれくらい育つの?

 さて、ラパーマはどこまで大きくなる猫種なのでしょうか?よく動くため、体も引き締まっていてそこまで大きくなる様には見えませんが…。

 そこで、以下に平均体重を雄(オス)と雌(メス)別に、それぞれ分けてまとめてみたので確認してみましょう。

ラパーマの平均体重
雄(オス) 4.2kg~6.3kg
雌(メス) 3.4kg~4.5kg

 平均体重はこのようになっており、雄(オス)で4.2kg~6.3kg、雌(メス)で3.4kg~4.5kgとなっています。これは、一般的な猫の平均体重とほぼ一緒の重さとなっています。

sponsored link

ラパーマの平均寿命

親子のラパーマ

長生きはする?

 では、ラパーマの平均寿命は一体どれ程なのでしょうか?

 寿命を考えて飼うと言うのも、少し酷なことではありますが飼い主としての責任を果たすためにも、知っておく必要があります。

 そこで、以下に平均的な寿命をまとめてみました。

ラパーマの平均寿命
11歳~14歳

 ラパーマの平均寿命は11歳~14歳となっており、一般的な猫の平均寿命が15歳前後とされているため、それよりも少し短い寿命となっています。

 ただ、平均寿命を超え15年以上生きる猫は数多く存在します。普段から健康管理にはしっかりと気を配ってあげましょう。

飼育時の注意点

何かを見つめるラパーマ

定期的に体を拭いてあげる

 ここまで、ラパーマの歴史や性格、平均的な体重や寿命についてまとめてきましたが、一緒に暮らす上で何か注意すべき点はあるのでしょうか?

 まず、その特徴的なクルクルの被毛のもつれを防止するためにも、1日1回程度のブラッシングを行う様にしましょう。汚れが付きやすいので、定期的にお風呂に入れるのが好ましいですが、嫌がる場合は蒸したタオルで体を拭いてあげるだけでも十分です。

 また、ワーキングキャットだった事もあり運動量が多めの猫種となっているため、上下運動を行えるキャットタワーを準備してあげると良いでしょう。

sponsored link

Message

AdSense