マリーアントワネットの愛猫だったって…本当!?メインクーンの性格や特徴とは

メインクーンの歴史

眠そうな子猫のメインクーン

どこで誕生したか不明?!

 メインクーンの起源には諸説ありますが、11世紀ごろ海賊船の船猫として乗船していた1匹の猫が、ヨーロッパで脱走後に土着猫との交配で誕生した子猫がメインクーンの始まり、と言われています。

 ただ、他にもカナダ地方の野生猫とアライグマの交配で誕生したと言う説。

 クーン船長がペルシャ系もしくはアンゴラ系の猫を中国から北アメリカ東部沿岸地方に持ち込み、それが土着猫と交配し誕生したという説。

ヨーロッパ風の猫の剣士

 マリーアントワネットがアメリカに亡命しようとした際、可愛がっていたアンゴラ種の猫も連れて行こうとしたが、亡命は失敗に終わりました。その際、猫だけはアメリカのメイン州のウィスカセット海岸にたどり着き、それが今のメインクーンの原型になったと言う説があります。

 このように、メインクーンの起源には様々な説がありますが、名前の由来がアメリカのメイン州の「Maine」とアライグマを意味する「Racoon」を合わせたものと言う事はわかっており、今ではメイン州の「州猫」として扱われています。

sponsored link

メインクーンの性格

何かを見つめるメインクーン

とにかく頭が良い!?

 そんな、様々な起源をもつメインクーンの性格はワイルドな外見とは裏腹に、飼い主と遊ぶ事が大好きで、とても優しく人懐こい性格の子が多くなっています。

 また、学習能力が高く非常に賢い猫種と言われており、棚の戸を開けたり、水道の蛇口を開けるなど、その知能の高さにびっくりする事もあるんだとか…。

勉強をする猫

 ただ、その知能は諸説ある生い立ちの中で、人間と共に生きる処世術として身につけたのでは!?とも言われています。

 なんにしても、その賢さには目を見張るものがあります。

メインクーンの平均体重

こちらを向くメインクーン

どこまで大きくなるの?

 では、メインクーンはどこまで大きくなる猫種なのでしょうか?被毛の長さや、がっちりとした体格から、見た目にも少し大きくなりそうな予想はされますが…。

 そこで、以下にメインクーンの平均体重を雄(オス)と雌(メス)別に、それぞれ分けてまとめてみたので確認してみましょう。

メインクーンの平均体重
雄(オス) 6.0kg~9.0kg
雌(メス) 3.5kg~5.5kg

 メインクーンの平均体重はこのようになっており、雄(オス)で6.0kg~9.0kg、雌(メス)で3.5kg~5.5kgとなっています。これは、一般的な猫よりもかなり大きめの体重となっており、その特徴的な大きさから「ジェントルジャイアント」という呼び名もあるんだとか。

 ちなみに、メインクーンは2010年に世界最長の猫に認定されており、その際に計測された猫の体重は約12kg近くもあったそうです…。小さな子供並みの大きさですね!

続きを読む>>
sponsored link

Message

AdSense