これであなたも猫の召喚士!愛猫家を虜にした猫ホイホイの作り方やコツとは

話題騒然の猫ホイホイ

棚に集まる猫

 「もう、じっとしててよ!」猫の写メや動画を撮るとき、なかなかじっとしててくれない…なんて事よくありますよね。

 そんな、猫好きの人たちの為に、猫転送装置こと「猫ホイホイ」なるものが開発されたんです。

 これを設置するだけで、猫が集まってくれるため写真や動画も撮り易くなるわけですが、その作り方やコツなどを知らない方も多いのではないでしょうか?

 そこで今回は、猫ホイホイの作り方や、なぜ入るのか?という点に注目してみました。


sponsored link

なぜ猫ホイホイに入る?

猫ホイホイを警戒する猫


猫の習性を利用する

 そもそも、猫転送装置こと「猫ホイホイ」とは何なのでしょうか?これは、ダンボールやビニール袋、紐で作るサークル状のエリアの事で、これを設置することにより猫が集まってきてくれる事から、この名前が付けられたんだそうです。

 ですが、一体なぜそれだけで猫が集まってくるのか、不思議に思う方も多いですよね。

 これには、主な理由が2つあり、1つ目に狭いところが好きという習慣が考えられます。猫は、普段から狭い路地裏に入っていったり、押し入れの隙間、戸棚の中、ありとあらゆる狭い空間に入ろうとします。

 人も、トイレやお風呂などの狭い空間にいると、なんとなく落ち着いた気分になりますよね。それと同じように、猫も段ボールやビニール袋、紐やテープで作ったサークル状の狭いエリアに入りたがるというわけなんです。

押し入れの隙間に入る猫

 2つ目の理由として、どんな猫でも少なからず持ち合わせている好奇心が考えられます。

 猫は、自分のテリトリー内で見慣れない物を見つけると、遠目から観察したり、臭いをかいでみるなど、すぐに興味を示してくれます。

 その結果、段ボールやビニール袋は「暗くて狭い場所」、紐やテープで作ったサークルは「狭い自分だけの空間」と認識し、その場所に入るわけなんですね。


続きを読む>>
sponsored link

Message

AdSense