目やにで病気がわかることも!?茶色や黄色の目やにが意味する事とは

目やにが出る原因とは

後ろ足で目を掻く猫

 「キャッツアイ」など、宝石に例えられるほど猫の目は大きく、ぱっちりとした美しい輝きが特徴的ですよね。

 そんな、綺麗な目から「目やに」が頻繁に出てくる…なんて猫ちゃんも多いのではないでしょうか?

 飼い主さんからしてみると、目やにが頻繁に出る事で、「何か病気に掛かっているのではないか?」「目を怪我しているのではないか?」など、心配になるというもの…。

 そこで今回は、猫の目やにが出る原因や目やにの取り方についてまとめてみました。

sponsored link

目やにの色や状態に注目!

アップで写真に写る猫

※各項目をクリックで、下ページにスクロールします

 そもそも、なぜ目やにが出てくるのでしょうか?

 目は通常、まぶたや涙によって守られています。この涙の中には、水分以外にも油分や粘液が含まれていて、これら粘液に古くなった目の細胞や目に入ったごみ等が混ざって出来た老廃物が、目やにとなって出てきます。

 そのため、目やにが出るのは正常な代謝が行われている事になるのですが、注意しなければならない点がいくつか存在します。

 それは、目やにの「色」や「状態」なのですが、一体どのような色だと注意しなければいけないのでしょうか?

 以下に、注意するべき目やにの色ごとで説明をしていきます。


赤褐色や茶色の目やに

赤い瞳の猫

 まず、猫の目やにの色を見て、赤褐色や茶色の目やにだった場合は、正常な代謝による目やにと言えるでしょう。

 その際、目やにが乾いてカリカリした状態、もしくは少しねっとりした状態であれば正常といえ、全く問題はありません。

 ただし、目が開けられないほどの量が出ていたり、あまりにもドロっとしたような目やにが出ていた場合は、注意が必要です。

 数日間、様子を見てみて長期間その状態の目やにが続くのであれば、病院で診察してもらうと良いでしょう。

色別の目やに説明一覧に戻る>>


黄色や白の目やに

目が黄色に光る猫

 次に、猫の目やにが「黄色」や「白」、または「緑」っぽい色の目やにだった場合は、結膜炎に掛かっている、もしくは何らかの感染症に掛かっている事が考えられます。

 また、黄色や白の目やにが片方の目から出ているのか、それとも両目から出ているのか、という点も注意して見る様にしましょう。

 猫同士の喧嘩や、足で目を掻いた時に、誤って眼球に傷を付けてしまった場合は、片方の目から黄色や白っぽい目やにが出る傾向があるようです。

 猫風邪と呼ばれる「ヘルペスウイルス」や「カリシウイルス」に感染していた場合は、白や緑掛かった目やにが両目から出る事が多くなっているようです。

 そのため、これら症状が見られた場合は、すぐに病院で診察してもらう事をおすすめします。

色別の目やに説明一覧に戻る>>


sponsored link

目やにの取り方

目やにを取ってもらう猫

 猫に目やにが出ているのを見つけた時は、できるだけ取ってあげる様にしましょう。そのまま放っておくと、目やにが固まって目が開けられなくなる等のトラブルを引き起こす事が考えられます。

 ただし、その際は眼球に触らないよう注意しなければいけません。万が一、眼球に傷が付いていたら、傷をさらに悪化させてしまう事も考えられます。

 そのため、目やにを取る際は、湿らせたコットンやガーゼで拭き取るようにして、取ってあげましょう。

 また、コットンやガーゼが無い場合は、ウェットティッシュで代替する事も可能ですが、アルコール成分が入っていない赤ちゃん用のウェットティッシュ、もしくはペット用のウェットティッシュを使用するようにしましょう。

※目やにを取る際に準備しておくと良いもの
  1. お湯で湿らせたガーゼやコットン
  2. 赤ちゃん用のウェットティッシュ
  3. ペット用のウェットティッシュ

まとめ

筒の中に入った猫

 目やにと言っても、代謝が正常に行われている証拠になる場合と、怪我や病気を発見する材料となる場合があるので、普段から愛猫の目やに等の変化を注意深く見てあげましょう。

 また、目やにを発見したからと言って、無理やり取ってしまうと、一緒に毛が抜けてしまったり、嫌がる子も出てくるので、無理なく優しく接してあげましょう。

 嫌がってなかなか目やにを取らせてくれない場合は、お湯で湿らせたガーゼやコットンを目やにに充て、少しふやかしてから取るとすんなり取ることが出来ます

 それすらも嫌がってしまう場合は、病院へ連れて行き、プロの方にケアしてもらうようにしましょう。

sponsored link

Message

AdSense