まさか!?そんな条件があったとは…。猫がふみふみする理由とは?

ふみふみをする理由

ふみふみする子猫

 誰もが思わずニヤけてしまうほど、猫が見せてくれる可愛いしぐさ「ふみふみ」。

 猫を飼っている方の中には、実はこのふみふみをしてもらいたくて猫を飼い始めた…なんて方もいるのではないでしょうか?

 ただ、このふみふみはすべての猫がやるわけではないため、なぜするのか?条件はあるのか?など、気になる方も多いですよね。

 そこで今回は、猫がふみふみをする理由やその条件についてまとめてみました。

sponsored link

この行動の意味とは?

ふみふみするアメリカンショートヘア

※各項目をクリックで、下ページにスクロールします

 猫が、人や毛布にモミモミする可愛いしぐさですが、一体なぜこのような行動を取るのでしょうか?

 その理由には様々な説が存在しますが、以下に、主な理由とその意味をまとめてみたので確認していきましょう。

授乳期に見せる行為の名残

母猫に群がる子猫達

 まず、一つ目の理由として「授乳期に見せる行為の名残」が考えられます。

 これは、子猫がお母さん猫からおっぱいをもらうとき、ミルクの出がよくなるように両手でおっぱいを押しながら乳腺を刺激する行為の事で、ほとんどの猫が小さい頃に経験しているかと思います。

 本来、この行為は生後10週~11週を過ぎた頃から徐々にやらなくなってくるのですが、うまく乳離れが出来なかった猫がこの行為をやり続ける傾向にあります。

 その際、大人になっても飼い主に対しては子供の気分でいる子が多く、「甘えたいとき」「毛布や敷物などの温もりを感じた時」に、このモミモミ行動が出ると言われています。

ふみふみの理由一覧に戻る>>


最大の愛情表現

花束を渡す子猫

 次に、猫ができる最大の愛情表現を飼い主に伝えている事が考えられます。

 これは、飼い主にとってこの上ない喜びの一つで、「抱っこをした時」「背中に乗ってきた時」「お腹や胸の上に乗せた時」に、やる事が多くなっています。

 このふみふみ行動は、母親を連想させられるくらい好きな人や安心できる人にしかやらないため、嫌いな人や慣れない人には絶対にやらない行為と言っても過言ではありません。

 そのため、愛猫があなたにこの行為をしてきた時は、猫が出来る最大の愛情表現をしてくれていると思って良いでしょう。

ふみふみの理由一覧に戻る>>


マーキング行為

喧嘩する猫

 次に、猫が自分の縄張りを示す際に行うマーキング行為が考えられます。

 これは、甘えん坊な性格が特に多い雄(オス)猫によく見られる行動で、唾液や足の裏の臭腺から出る自分の臭いを相手に付ける事で「これは僕のお母さんだ!」「これは僕の飼い主様だ!」と誇示する目的があります。

 そのため、この行為も好きな人や安心できる人にしか行わない行動なので、もしも愛猫にふみふみをされたら、愛情たっぷりでその気持ちに応えてあげて下さいね。

ふみふみの理由一覧に戻る>>


sponsored link

ふみふみする条件とは?

安心して寝る猫

 このように、幼いころの名残であったり、飼い主への愛情表現の一つとして見られる行動ですが、もちろんこれをやらない猫も多く存在します。

 ただ、飼い主として一度はふみふみされてみたいもの…。そこで、以下に猫がふみふみする条件を一覧でまとめてみたので、確認してみましょう。

ふみふみの条件一覧
  • うまく乳離れができていない
  • 母猫のお腹と同程度の柔らかさがある
  • 安心できる場所であること
  • 安心できる臭いがあること

 もちろん、これら条件をすべて満たしていなくてもやってくれる、もしくは更に条件が追加される事も考えられますが、猫がふみふみをする主な条件として、以上の項目が考えられます。

 そのため、条件に挙げられている「うまく乳離れができていない」「安心できる臭いや場所」は、猫自身の生い立ちや感覚により大きく左右するため、飼い主がコントロールする事は難しいと言えます。


動画とまとめ

マッサージをする猫

 ここまで、猫がふみふみする意味や理由、その条件について確認してきましたが、最後に愛らしいふみふみ動画を掲載しておくので、興味のある方はご覧になってみてはいかがでしょうか?

※「ふみふみ もみもみ?かわいい猫」


※「ふみふみ×2なねこ。」


 ちなみに、飼い主の中には「ふみふみをしてくれないのは嫌われているからでは?」と心配に思っている方もいるかもしれませんが、決してそういうわけではありません。

 理由や条件を見てわかる通り、うまく乳離れを出来た猫はふみふみをする可能性が低くなりますし、そもそも必ず行うというものでもありません

 そのため、ふみふみをしてくれなくても、愛猫はあなたのことを大好きなはずなので、あなたも愛情たっぷりで接してあげましょう。

sponsored link

Message

AdSense