太ったからダルダルになるんじゃないの!?お腹がタルむ現象ルーズスキンとは?

ルーズスキンについて

ルーズスキンが目立つ猫

 天気の良い日や機嫌が良い時など、「トットットット♪」と、軽快なステップで優雅に歩きまわる猫達。

 そんな、軽快に歩く愛猫の姿を見た際、…ん?お腹がたるんでない?と、思った方もいるのではないでしょうか。

 それを見た瞬間、大半の方の脳裏に「ダイエット」の言葉がよぎったのでは?でも、ちょっと待って下さい!実はそれ…、太ってきたからタルんでるわけではないかもしれないんです!

 という事で今回は、お腹がたるむ現象ルーズスキンについてまとめてみました!

sponsored link

ルーズスキンとは?

お腹の肉を掴まれている猫

ルーズスキンの概要

 自身の愛猫が家の中を軽快に歩き回る姿を見た時、あれ?体は細いはずなのに、お腹がダルンダルンと揺れている…。そんな姿を見て、少なからずショックを受けた飼い主さんもいるのではないでしょうか?

 ただ、体を見ると太っているようには見えないのに、お腹だけがたるんでいるのも、おかしな話しですよね。

 実はこれ、太っているのではなく「ルーズスキン」と呼ばれる体の特徴なんです!

顔の周りに肉が付いている猫

 ルーズスキンとは、後ろ脚の付け根辺りからお腹の中心にかけて垂れ下がっている皮膚のことで、「アメリカンショートヘア」「エジプシャンマウ」「ベンガル」「ピクシーボブ」などの血を引く猫種に多く見られる特徴となっています。

 これは、喧嘩の際に噛まれて血管や内臓に致命傷を負わないため、高くジャンプをするときに体の皮が突っ張らないようにするためなど、諸説ありますが、トラやライオンなどの大型ネコ科動物にも見られる特徴のため、致命傷を避ける説が有力とされています。

 それだけに、このルーズスキンは猫にとって必要なものとなっており、海外のキャットショーにおいては審査をする際に評価の対象になるほど大事な特徴となっているんです。

ルーズスキンが目立つ野良猫

 ただ、愛猫のお腹のタルみがルーズスキンによるものなのか、太ったことによるものなのか、判断が難しいと思う方もいるかもしれません。

 その場合は、お腹のたるみを触ってみて「何もない皮だけの状態」であればルーズスキン、皮の中に肉が詰まっている状態であれば、太っている可能性が高いと判断するとよいでしょう。


sponsored link

ルーズスキンができる原因

ルーズスキンがある猫

なぜタルむの?

 前項目で、このたるみは猫にとって必要なものであることはわかりましたが、「ルーズスキンが急にできた」と言われる事があります。

 では、一体なにが原因でこのルーズスキンができるのでしょうか?

 もちろんこれは、猫が成長する段階で自然にできる現象のため、個体差や血筋はあれど何かをきっかけとし、急にルーズスキンができるというものではありません。

お腹がダルダルの猫

 ただ、雌猫(メス)は避妊手術をする際に、お腹を切開し施術をするため、その影響でお腹がたるみ「急にルーズスキンができた」と感じる方が多くいるかもしれません。

 ホルモンバランスの関係もあり、一般的に言われているように雌猫に多くルーズスキンが見られることもあるかもしれませんが、やはり避妊手術後のたるみに関してはルーズスキンとは違う可能性が高いと言えるでしょう。

 その場合、いずれお腹のたるみが無くなる事もあるようなので、しばらく様子を見てみるといいかもしれませんね!


動画で見るルーズスキン

お腹がタルんでいる猫

色々な猫のルーズスキン

 ここまで、ルーズスキンの意味や原因についてまとめてきましたが、最後に愛猫以外の猫のルーズスキンを見て、違いがあるか確認してみましょう!

 このタプタプが気持ち良いと、快感を感じている話しも多く聞かれますでので、自身の愛猫にもルーズスキンがあるようでしたら、タプタプ感を楽しんでみるのも良いかもしれませんね!


sponsored link

Message

AdSense