猫は蚊に刺されても大丈夫?アレルギーや病気になるリスクは?

猫って蚊に刺されても大丈夫なの?

猫の形の蚊取り線香

 夏の夜、寝ようと思って布団に入ると…どこからともなく聞こえてくる「プーン」という蚊の飛ぶ音。

 寝ている間に蚊に刺されてしまうかも…と不安になりますが、実はその蚊、人間だけではなく、愛猫を狙っているかもしれないんです!そのため、「大切な愛猫が蚊に刺されたら病気にならない?」と心配になる方も多いはず。

 そこで今回は、猫が蚊に刺された場合の病気や、蚊対策などについてまとめてみました。


そもそも蚊に刺されるの?

蚊取り線香とセンス

 人間が蚊に刺されると、赤く腫れ上がりかゆくなりますが、猫はどうなるのでしょうか?

 猫が蚊に刺されると、人間と同様にかゆみが出るそうですが、ほとんどの場合がそのまま何もせずにいても大丈夫なようです。

 ただし、刺された場所をずっと気にしていたり、掻きむしっている様なら、病院に連れて行ってあげましょう。

 また、猫は人間と比較すると蚊に刺されづらい生き物なので、そこまで気に掛ける必要はないでしょう。人間も頭皮が刺されづらいのと同様に、短毛種や長毛種を問わず全身が毛覆われているため、蚊もなかなか皮膚までたどり着かないようです。

 とはいえ、毛が少なく皮膚の薄い「鼻」や「肉球」のほか、「耳」は特に刺されやすい箇所なので、対策をするに越したことはないですね。

sponsored link

蚊に刺されると病気になる?

夏バテの野良猫

 ところで、猫が蚊に刺されると何かしらの病気に感染することはないのでしょうか?

 人間でも、近年大流行を見せたデング熱やジカ熱は蚊を介して感染した病気です。飼い猫にも感染しないかと、心配になった飼い主さんも多い事でしょう。

 そこで調べてみたところ、デング熱やジカ熱が猫に感染する確率は、ゼロではありませんが限りなく低いそうです。また、万が一感染したとしても、あまり症状が現れないため血液検査をするしか病気を発見することができないのだとか。

 ただ、猫が蚊に刺されることで感染する病気もあるようなので、以下に、感染例の多い2つの病気を紹介していきます。


蚊アレルギー

 その名の通り、蚊に刺されることで起きてしまうアレルギーです。

 蚊アレルギーの特徴として、耳や鼻に発疹のような症状が現れます。蚊に刺された場所がそれ以外の所でも、耳や鼻にアレルギー症状が出ることがあるので、よく観察しておく必要があります。

 治療方法としては、ステロイドを使って症状を抑えることが多いようです。

 掻きむしって血だらけになってしまう事もあるようなので、見つけたときはすぐに病院へ連れて行ってあげましょう。


猫フィラリア

 フィラリアというのは寄生虫のことで、犬に感染しやすい病気として広く知られていますが、近年では猫にも感染することが分かっています。

 感染経路としては、フィラリアに感染している犬を刺した蚊が、さらに猫を刺すことで感染します。

 猫フィラリアの症状として、咳・呼吸困難・食欲不振・嘔吐などが挙げられますが、その他の病気と区別が付かないことも多いそうです。また、2010年には、室内飼いの10頭に1頭はこの猫フィラリアに感染しているという研究報告もあり、北海道から沖縄まで感染が報告されています。

 中には、2匹のフィラリアが寄生したことによって突然死を起こしてしまった事例もあるようなので、よく注意しておいた方が良いでしょう。


対策や注意しておくことは?

日なたで寝る猫

 蚊に刺されることで感染してしまう猫フィラリア。突然死を引き起こす…恐ろしい病気なんですね。では、根本的に猫が蚊に刺されない様にするには、どんな対策を取ればいいのでしょうか?

 まずは、蚊の多い時期にはなるべく外に出さない事です。外飼いをしている猫には可哀想かもしれませんが、やはり室内の方が圧倒的に刺されるリスクが低くなります

 しかし、室内にいるからといって油断はできません。ドアを少し開けた際にも蚊は入り込んできますので、室内の蚊対策も必要になってきます。

 室内の蚊対策で有名なものと言えば、蚊取り線香ですよね。最近では、ジェルタイプの物から網戸に吹きかける物など多種多様ですので、それらを活用して室内の蚊を減らすようにしましょう。

 ただし、蚊の対策も大切ですが、注意したい点もいくつかあります。以下に、簡単にまとめてみましたので、確認してみましょう。


  • 蚊取り線香の火を触ってしまう
  • 煙を吸ってしまう
  • 薬を舐めてしまう

 蚊対策を行うことで、このようなリスクも発生するので注意する必要があります。

 蚊取り線香は火を使いますので、やけど防止のためにも必ず目の届く範囲で利用しましょう。容器に入れて使っていたとしても、ひっくり返して触ってしまうパターンもあるので注意してください。


ぶたの蚊取り線香


 次に、煙の吸引に注意するという項目ですが、一般家庭用に販売されている蚊取り線香の煙であれば、猫が吸い込んでも特に害はないそうです。

 しかし、密室で長時間煙を吸い続けることは、猫にも人にも良くないので気を付けるようにしてください。さらに、蚊取り線香だけに限らず、煙を吸い込むことでアレルギーを起こす猫もいるようなので、初めのうちは注意が必要です。

 また、スプレータイプでシュッと薬剤が出るものは、直接目に入ってしまうと危険ですので「猫がいない場所」「手の届かない場所」で使うようにしましょう。


 ※殺虫剤でお馴染みのメーカー「フマキラー」のホームページにはこのような記載がありました。

Q⇒子供やペットがなめてしまったが大丈夫ですか?

A⇒配合しているピレスロイド系薬剤は安全性の高い薬剤であるため、なめた程度では、特に問題ありません。念のため口を水道水で充分にすすいでください。
ただし、アレルギー体質の方で、様子がいつもと違う場合は、念のため医師にご相談ください。

出典:http://www.fumakilla.co.jp/faq/insect_33.html

 このような成分であれば、安心して部屋で使用することができますね。蚊の対策は効き目も大切ですが、安心安全に使えるのかも頭に置いてみてはいかがでしょうか。


便利な対策グッズ

サングラスをかけた猫

 ここまで、猫が蚊に刺されたときの症状や対策についてまとめてきましたが、いかがだったでしょうか。

 病気の心配があるとなれば、なるべく愛猫が蚊に刺されないように対策してあげたいですよね。最近の猫グッズには、首輪に蚊を寄せ付けない成分が含まれている物もあります

 また、これと同じように、猫の首輪にアロマの匂いを付けて蚊除けをしているという飼い主さんもいるようです。

 そしてなんと…蚊を寄せ付けないような匂いを体内から発するためのサプリメントまであるのだとか!本当に便利なものが沢山あるので、これらグッズをうまく併用しながら、上手に蚊対策を行ってみてくださいね。

sponsored link

Message

AdSense