ジャガーキャットフードに使われている主な原料とその詳細について

 ジャガーはペットの先進国と言われているイギリスで生産管理された商品で、高タンパクのキャットフードとなっています。

 また、店頭販売はせずインターネット販売のみとしているため、流通にかかるコストや日数、店頭に置くことでの傷や劣化を気にすることなく安心して愛猫に食べさせることができます。

プレミアムキャットフード『ジャガー』

ジャガーキャットフード
商品名 ジャガー
価格 4280円
内容量 1袋1.5kg
原産国 イギリス

 ジャガーには、尿路結石の予防が期待されているクランベリーや、抗酸化作用が高いブルーベリーが使用されています。

 他にも、血行促進効果や疲労回復に効果が見込まれている”朝鮮人参”や、天然由来の成分でキャットフードの酸化を防ぐマリーゴールドなど、さまざまな素材が使われています。

原材料

 骨付きチキン生肉、鴨生肉、乾燥チキン、乾燥鴨肉、生サーモン、生マス、じゃがいも、卵、サツマイモ、豆、チキンレバー、鶏脂、チキングレイビー、アルファルファ、豆食物繊維、サーモンオイル、ミネラル、ビタミン、クランベリー、マルベリー、ブルーベリー、りんご、トマト、オレンジ、梨、にんじん、ほうれん草、カリフラワー、マリーゴールド、海藻、朝鮮人参、緑茶、生姜、プロバイオティックス

 ジャガーの原材料はこのようになっていました。新鮮なチキンやサーモンなど、肉と魚をたっぷりと使って贅沢に作られたジャガーのキャットフードには、80%以上もの動物性タンパク質が含まれています。

 これら食材は人間が食べられるヒューマングレードだけを使用し、新鮮かつ安全な食材を専任の品質管理官がチェックするというこだわりです。

 また、スーパーフードとして人間のあいだでも注目されているマルベリーや、漢方薬の原料としてお馴染みの朝鮮人参など、栄養価の高い健康食材を贅沢に配合しているのも特徴のひとつと言えるでしょう。

 ジャガーキャットフードの販売サイトへ


 ジャガーのキャットフードは、スターチ(でんぷん)の含有量を抑えて作られています。

 これは、スターチを抑えることで食後に起こりやすい血糖値の急激な上昇を穏やかにし、食後「興奮して落ち着かない」「イライラと動き回っている」などの、症状を改善することを目的としています。

 これによって、愛猫たちは食後もリラックスした時間を過ごすことができます。

AdSense