猫が見せるフレーメン反応やその意味とは?

記事公開日:
最終更新日:
猫の豆知識

本記事のポイント

  • 臭いから変顔をしてるわけではない
  • 匂いを取り込むために口が開く
sponsored link

猫の豆知識」カテゴリーの人気記事

猫が、あなたの足の臭いを嗅いだとき、口を開けてポカーンとした…そんな経験がありませんか?猫にそんな顔をされると、思わず「そんなに臭かったかなぁ…。」って心配になりますよね(笑)

実はこれ、フレーメン反応といって猫に限らず様々な動物に起こる生理現象の一つなんです。ただ、急にフレーメン反応と言われても、何のことかよくわからないですよね。

そこで今回は、猫のフレーメン反応についてまとめてみました。

フレーメン反応とは?

フレーメン反応について

  • 哺乳類に見られる生理現象
  • 馬や虎もやる場合がある

フレーメン反応で飼い主を見る猫

そもそも、フレーメン反応とはどのような現象の事を言うのでしょうか?

これは、馬をはじめとする哺乳類に見られる生理現象の事で、フェロモンや臭いの物質をより多く取り入れようとした時に起こる反応の事を言います。

猫は、この微妙な表情を作る事により、前歯の裏側にあるヤコブソン器官と呼ばれる個所を広げ、より多くのにおい物質を取り入れ、どんな種類の臭いなのかを分析していると言われています。もちろん、このヤコブソンと呼ばれる器官は人間にはありません。

そして、実はこの反応、猫以外にも馬や牛、犬や虎にも見られる現象で、以下の画像の様に馬が歯ぐきを出しブルブルとする行動もフレーメン反応と言われています。


※馬のフレーメン反応の画像

フレーメン反応を見せる馬

※虎のフレーメン反応の画像

虎のフレーメン反応


本来はフェロモンを感じ取るため

本来、このフレーメン反応はオス猫が発情期のメス猫から発せられるフェロモンの臭いを感じ取るため、または、自分がマーキングした際の臭いを確認する、他の猫が付けたマーキングの臭いを確認するためとも言われています。

ちなみに、飼い主の足や靴下の臭いを嗅いでフレーメン反応が起こるのは「靴下から敵の臭いがしないか」「この足はご主人様の臭いか」を確かめるために行っていると考えられています。

決して、あなたの足が臭いからというわけではないので、ご心配なさらずに!


フレーメン反応は猫のセキュリティーチェック

管理人も、初めて愛猫のフレーメン反応を見た時は、そんな顔になるくらい臭かった?と、疑ったものです…。

ただ、このように調べていくうちに、そうではなかったのだと安心した内の一人です(笑)

猫は、自分のテリトリーにある物の臭いを嗅ぐことで、危険かそうでないかの判断をしています。そのため、この行為はいわば猫のセキュリティーチェックといったところなので、どんな表情をされても気にせず過ごしましょう!

フレーメン反応をしない

フレーメン反応をしない原因

  • 単純に個体差がある
  • 無理にやらせないこと

外でフレーメン反応をする猫

思わず笑えてしまう猫のフレーメン反応ですが、もちろん個体差があるのでやらない猫も多く存在します。

ただ、自分の飼い猫がなかなか見せてくれないからと言って、無理に何かの臭いを嗅がせないようにしましょう!

猫はにおいを感じ取る細胞の数が人間のおよそ2倍。臭いをかぎ分ける能力は人間の数万~数十万倍あると言われています。

そもそも、無理やり臭いを嗅がせたところでフレーメン反応が起こることは無いと思いますし、無理に臭いのきついものを嗅がせるのは単にストレスを与えるだけにしかなりません。

「まだ見たことが無い」「もう一度あの顔を見たい!」「インスタに載せるために写真を撮りたい」フレーメン反応に対しては様々な思いがあるかもしれませんが、自然にみられるまで気長に待つようにしましょう。

猫のフレーメン反応の動画

フレーメン反応をする猫

最後に、見たくてもうちの猫がなかなかやってくれない…という方のためにフレーメン反応を見せる猫達の動画をいくつかピックアップしてみたので、興味のある方はご覧ください。

臭いからそんな顔をするわけではないと分かっていても…やはり臭いんじゃないの?と思ってしまう猫達の哀愁漂う表情は何とも言えません!


※フレーメン反応する猫の動画


※「飼主の足がくさい」と猫がうったえる様に見える動画


※猫「くさっ!もう一回…やっぱりくっさー!!」と言ってるように見える動画


どの猫達も、何とも言えない表情をしていましたね!臭いを確認してご主人様に異常がないか、敵ではないかなどを確認しているのかもしれませんが…やっぱり臭いと感じている様にしか見えませんね!笑

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

※コメントは管理人の承認後に表示されます