エキゾチックショートヘアの性格や体重って?猫界のブサカワ代表!?

猫図鑑

エキゾチックショートヘアの歴史

新たな猫種として誕生

 エキゾチックショートヘアは、1960年代に「ペルシャ猫の特徴を受け継ぎながらも、手間のかからない短毛種の猫が欲しい」というブリーダーの要望から、ペルシャ猫を基本としアメリカンショートヘアやブリティッシュショートヘアなど、短毛種の猫と交配され誕生しました。

 ですが、当時は不実な繁殖や不正な交配相手による突然変異種を誕生させてしまうなど、エキゾチックショートヘアの繁殖に良い顔をしないブリーダーも多く、批判を浴びることが多かったそうです。


 ただ、その後エキゾチックショートヘアの存在に賛同する人々が尽力した事もあり、バーミーズペルシャ、そこにアメリカンショートヘアを掛け合わせることで正当な猫種になったそうです。

 1966年にはCFAから「エキゾチックショートヘア」として新種の猫として正式に認められました。新種登録されてからまだ50年弱と比較的新しい猫種なんですね。

sponsored link

猫図鑑」カテゴリーの人気記事

エキゾチックショートヘアの性格

たたずむエキゾチックショートヘア

器が大きな猫?

 そんな、新たな品種として誕生したエキゾチックショートヘアの性格は、ペルシャ猫譲りの優しく物静かな性格で、とても愛情深い猫種となっています。

 そのため、一般的に抱っこをされたり、触られる事を好まないという印象が強くある猫ですが、エキゾチックショートヘアはその逆で、人に抱っこをされたり、撫でられたりする事が好きな性格の子が多くなっています。

 また、抱っこは好きだけど、爪切りやお風呂が大嫌い…という猫も多くいるかと思いますが、エキゾチックショートヘアは爪切り、耳掃除、お風呂に関しても大騒ぎすることなく、比較的簡単にやらせてくれる子が多い様です。

エステを受ける猫

 そして、エキゾチックショートヘアを語る上で欠かせないのが、驚いたような大きな目に、つぶれたようにツンと上を向いた鼻、まん丸とした頭部、これぞブサカワの代表格?といった特徴が挙げられます。

 この、ブサカワ加減に魅せられてエキゾチックショートヘアを飼ったという方は、かなり多いのではないでしょうか?

 他にも、短い胴や体幅の広さ、がっしりとした筋肉質なところも特徴的と言え、これだけしっかりした体格や特徴のある顔立ちをしていると、さぞクセのある子なのかと思いきや、決して怒らない温厚な性格…エキゾチックショートヘアはとても大きな器を持っているのですね!

エキゾチックショートヘアの毛色

舌を出すエキゾチックショートヘア

人気の毛色はタビー系!?

 今ではドラマやCMにも取り上げられるほど人気のエキゾチックショートヘアですが、どんな毛色があるのでしょうか?

 歴史の項目中に出てきたアメリカンショートヘアやペルシャの色も認められているため「ホワイト」「レッド」「ブルー」「クリーム」「三毛」「スモーク」などなど、非常に多くの毛色が公式的に認められています。

 中でも人気なのがクリームタビーやレッドタビーなどの、タビー系(縞模様)で、これらの毛色になると販売価格も一気に跳ね上がるのだとか…。

 他にも、2015年に放送されていたドラマ「オトナ女子」で買われていた「ちくわ」が人気を博したことも記憶に新しいですよね。このちくわは三毛色の毛色でしたが、これもまた非常に可愛らしかったですね!

 この様に、エキゾチックショートヘアは様々な毛色の存在が認められていることがわかります。

エキゾチックショートヘアの画像

基本的な情報を掲載してきましたが、やっぱり実際のエキゾチックショートヘアを見たいですよね!そこで、以下にInstagram上にアップされている画像をいくつかピックアップしてみたので、様々な種類のエキゾチックショートヘアを見てみましょう。











関連記事一覧

  • コメント ( 2 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. 名無しさん

      うちも、ススム(エキゾチックショートヘア)をかいました。
     猫の顔をみて、いやされるなと改めて思います。
     ところで、猫ってなれたら外に出てしまっても戻ってくるのでしょうか?
     

    • 管理人

      名無し様

      コメント頂きありがとうございます。
      ススムくんというエキゾチックショートヘアを新しい家族として迎えられたんですね(^^)
      今後は何かと大変なこともあるかと思いますが、それ以上に楽しい生活が待っていると思うので、ススムくんとの生活が末永く続きますようお祈りしております。

      >ところで、猫ってなれたら外に出てしまっても戻ってくるのでしょうか?

      こちらですが、たしかに数年~数十年同じ場所で飼っているのであれば戻ってくる可能性は高いと思います。
      ただ、猫は犬のように従順な生き物ではないので「戻ってこなくなった」という話も数多く耳にします。

      ススムくんを「外飼い」したいのであれば、しっかりメリットやデメリットを把握された上で、ご判断されると良いかと思います。
      以下に、「外飼い」と「室内飼い」についてまとめた記事を掲載しておきますので、ご興味がお有りのようでしたら是非とも目を通されてみてはいかがでしょうか?

      これからも、ねこびあ~猫のトリビア~を宜しくお願い致します(^^)

      自由に生きるための代償は大きかった…。猫を外飼いするメリットやデメリットとは

      油断禁物!危険はどこでにも潜んでる?猫を室内飼いするメリットやデメリット

※コメントは管理人の承認後に表示されます