長生きしてもらうための必須項目!猫の避妊や去勢を行うタイミングはいつがベスト?

猫の避妊や去勢について

エリザベスカラーを付けた猫

 愛猫と長く一緒に暮らしていく為に、現在ではほぼ必須項目となっている避妊や去勢などの手術。

 これは、むやみに子猫を増やさないため、また猫エイズ等の病気に感染させないために行われる手術で、現代の飼い猫のほとんどがこの施術を受けているかと思います。

 ただ、これから初めて猫を飼う方にとっては、どのタイミングでやったらよいのか、どれくらいの費用が掛かるのかなど、わからない事も多いですよね。

 そこで今回は、猫の避妊や去勢をする際の時期と費用についてまとめてみました。

sponsored link

避妊や去勢は必要なの?

猫の玉袋

メリットやデメリットなど

 昔とは違い、現代の飼い猫の半数以上(約70%と言われています)が室内飼いとなっており、そのほとんどの猫が避妊もしくは去勢の手術を受けているかと思います。

 ただ、「他の人がやっているから自分も何となくやった…。」という方もおり、一体なんのために手術が必要なのか疑問に思った方もいるのではないでしょうか?

 そこで、以下に避妊や去勢をすることで考えられるメリットやデメリットを雄(オス)と雌(メス)別に、一覧でまとめてみたので確認してみましょう。

避妊した場合のメリット(雌)
  • 子宮内膜炎、乳腺腫瘍等の生殖器病の予防
  • 発情によるストレスの軽減
  • 望まない妊娠の防止
  • ストレスと病気の軽減による長寿効果

去勢した場合のメリット(雄)
  • 精巣腫瘍、前立腺肥大等の生殖器病の予防
  • マーキングの軽減
  • 他猫や人への攻撃性の抑止効果
  • ストレスと病気の軽減による長寿効果

 避妊や去勢をすることで考えられるメリットは以上のようになっており、どちらの項目を見ても確認できるように「病気の予防」や「長生き」に効果がある事がわかります。

 ただ、メリットばかりではなく少なからずデメリットも存在します。

 そこで、以下にデメリットとしてどのような事が考えられるかまとめてみたので確認してみましょう。

避妊・去勢した場合のデメリット
  • 子孫の繁殖ができなくなる
  • 肥満体質になる傾向がある
  • 手術による体調不良を引き起こす事がある
  • 手術費用が掛かる

 などが考えられ、「愛猫の子孫が繁殖できない」「肥満体質になる傾向がある」といったデメリットが挙げられます。

 ただ、愛猫が病気をせずに長生きしてくれるのであれば、メリットの方がはるかに大きいと言えるかもしれませんね。


sponsored link

避妊や去勢をする時期

金髪のかつらを被った猫

何歳になったらやれば良いか

 では、猫の年齢にして何歳くらいになった時、この避妊や去勢を行えばよいのでしょうか?以下に、雄(オス)と雌(メス)別で適正時期をまとめてみたので、確認していきましょう。

避妊の適正時期(雌)
  • 生後6カ月~8カ月

 このように、避妊手術の適正時期は生後6カ月~8カ月となっていますが、雌猫の性成熟は生後3ヵ月~9ヵ月程度と個体により差が大きく開くため、施術を行う際は獣医の診断の元で従うようにしましょう。

去勢の適正時期(雄)
  • 生後6カ月~10カ月

 雄猫の場合は、去勢手術の適正時期が生後6カ月~10カ月となっていますが、性成熟するのは雌猫よりも遅く、生後6ヵ月~12ヵ月程度と遅くなっているため、こちらも施術を行う際は獣医の診断の元で従うようにしましょう。


避妊や去勢の費用

お金の前に座る猫

手術代はいくら?

 では、最後にこれら施術をする際、どれくらいの費用が掛かるのでしょうか?

 飼い猫が一匹ならまだしも、二匹…三匹と多頭飼いをしている場合は掛かる費用もかなり高額になってくるため、大変気になるところですよね。

 そこで、以下に施術代の平均価格をまとめてみたので確認してみましょう。

去勢の適正時期(雄)
  • 避妊手術費用(雌)
    18,000円~28,000円
  • 去勢手術費用(雄)
    10,000円~18,000円

 費用はこのようになっており、雄と雌では約10,000円程度の差が生じてくる事がわかります。また、術後は雌であれば1~2泊程度の入院、雄でも日帰り~1泊程度の入院を必要とする場合もあります。

 その際、入院費用として別途請求される事が多くなっているので、施術を考えている動物病院に問い合わせて、事前に料金を確認しておくと良いでしょう。

sponsored link

Message

AdSense