•  ねこびあTOP
  • 猫図鑑
  • ブリティッシュショートヘアの性格や体重って?実は…アメショーのご先祖様って本当!?

ブリティッシュショートヘアの性格や体重って?実は…アメショーのご先祖様って本当!?

記事公開日:
最終更新日:
猫図鑑

ブリティッシュショートヘアの歴史

英国で最も古い猫種

 ブリティッシュショートヘアの歴史はとても古く、古代ローマ帝国がイギリスを襲撃する際(2世紀頃)に、ネズミなどの害虫駆除要員として連れていた猫が始まりとされ、イギリスでは最も古い猫種であると言われています。

 1870年代に入ると、イギリスは自国の猫の品種確立に力を入れ始め、ネズミ捕りにおいて優秀な個体を選択し繁殖されていたブリティッシュの改良が進められました。


 当時は、ペルシャ等の長毛種と交配が行われていたため長毛タイプの子も誕生していましたが、現在ではペルシャとの交配は行われなくなったため、短毛種のものが主となっています。ただ、稀に長毛種タイプの子が生まれてくるため、ブリティッシュロングヘアーやブリタニカと呼ばれ別の品種として確立されています。

 ちなみに、1620年頃アメリカへ移民する人々が利用したメイフラワー号に乗っていたとされており、アメリカンショートヘアの基礎となった猫とも考えられています。また、童話「不思議の国のアリス」に登場するチェシャ猫のモデルになった猫がブリティッシュショートヘアだと言われています。

sponsored link

猫図鑑」カテゴリーの人気記事

ブリティッシュショートヘアの性格

何かを訴えるブリティッシュショートヘア

抱っこは苦手?

 そんな、アメショーのご先祖様?とされているブリティッシュショートヘアの性格は、ネズミ捕りのプロとしての顔とは裏腹に、とても穏やかでおとなしい性格の子が多くなっています。

 また、あたまが良いため飼い主の言うことを理解し、手間を煩わせない事から人気の猫種となっています。

勉強をする子猫

 ただ、基本的には自立心が強いため、あたまを撫でられたり抱っこされる事が好きではありません。

 そのため、必要以上にスキンシップを図ろうとするとストレスを与えてしまう可能性が高くなっているので注意しましょう。

ブリティッシュショートヘアの毛色

床でくつろぐブリティッシュショートヘア

人気の毛色は王道のブルー

 ロシアンブルー、コラットに続く「ブルーキャット御三家」のブリティッシュショートヘアですが、毛色はどんな種類があるのでしょうか?

 毛色は「ブルー」「ホワイト」「クリーム」「ブラック」「レッド」「ブラウン」など、様々なバリエーションが存在し、単色だけではなく「クリーム&ホワイト」や「ブルー&ホワイト」などの混色も認められています。

 また、「タビー系(縞模様)」や「キャリコ(三毛猫タイプ)」などの配色パターンも認められていますが、唯一「スポット柄」だけは認められていないそうです。


 気になる人気の毛色ですが、ブリティッシュショートヘア独特のブルー色は「ブリティッシュブルー」と呼ばれるほど代表的な毛色なので、おのずと人気の毛色もブルー色となっているようです。

 キャットショーやモデルとして撮影されるブリティッシュショートヘアがほとんどブルー色なのも、代表的な色だからなのかもしれませんね。

ブリティッシュショートヘアの画像

性格や毛色も気になりますが、やっぱり実際のブリティッシュショートヘアを見たいですよね!そこで、以下にInstagram上にアップされている画像をいくつかピックアップしてみたので、様々な種類のブリティッシュショートヘアを見てみましょう。





どーん??#ブリティッシュショートヘア #ねこだいすき #にゃんこ部 #どあっぷ #britishshorthair

南映理子さん(@burikichikun)がシェアした投稿 –







関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

※コメントは管理人の承認後に表示されます