キャットフードで迷っている方必見!猫のご飯にはどんなタイプがあるの?

どんな種類があるのか?

餌に飛びつく猫

 見ているこちらも、思わず美味しそうと思うほど、様々な種類がある猫のご飯。

 ただ、一言に猫のご飯と言っても、ドライフードやウェットフードなど、様々な種類が存在します。

 そのため、どのタイプのご飯にどんなメリットやデメリットがあるのかなど、把握しきれない方も多いのでは?

 そこで今回は、猫のご飯の種類及び、そのメリットやデメリットについてまとめてみました。

sponsored link

猫のご飯の種類とは?

葉を食べる猫

※各項目をクリックで、下ページにスクロールします

 一般的に、犬や猫にあげる餌と言えば、カリカリのドライフードを想像する方が大半かと思います。

 ですが、今ではやわらかい物から、その中間の物まで、様々なキャットフードが存在します。

 そこで、各キャットフードのタイプや、その特徴などを以下にまとめてみたので確認してみましょう。

ドライフードの特徴

舌なめずりをする猫

 まず、ドライフードには一体どのうような特徴があるのでしょうか?

 ドライフードは、その名前の通り乾燥しカリカリとした食感の餌の事で、製品の水分量が約10%以下に抑えられた物となっています。

 特徴としては、栄養価が高く作られているにも関わらず、一食当たりの費用が安く、総合栄養食として広く食べられている事が挙げられます。

 また、ドライフード自体に適度な堅さがあるため、猫の歯にくっつきにくく、歯石や歯周病の予防にも効果があると言われています。

 ただし、ドライフードは水分不足になりがちなため、食事の際は必ず新鮮なお水を準備してあげましょう。

 なお、以下にドライフードのメリットとデメリットをそれぞれまとめてみました。

ドライフードのメリット
  • 一食当たりの費用が安い
  • 乾燥しているので長期間の保存が可能
  • 総合栄養食として主食にできる
  • 歯石や歯周病の予防になる

ドライフードのデメリット
  • 水分が含まれないので水の準備が必要
  • 与えすぎると肥満の原因になる
  • 酸化しやすい

ご飯の種類一覧に戻る>>


セミドライフードの特徴

晩酌をする猫

 次に、セミドライフードにはどのような特徴があるのでしょうか?

 セミドライフードは、ドライフードとウェットフードの中間に位置する餌の事で、製品の水分量が30%~40%程度の物となっており、「ソフトタイプ」や「モイストタイプ」と呼ばれる事もあります。

 特徴としては、ドライフードと比較したときに食感が柔らかく作られているため、子猫や老猫、病気などでカリカリのご飯が食べにくい猫に、適している事が挙げられます。

 ただ、現在ではセミドライフードに使用するプロピレングリコールと呼ばれる保存料が、猫にとって有害であることがわかったため、製造されていないそうです。

 ですが、ドライフードをスープやお湯で少しだけふやかして食べさせる場合に、セミドライフードとよく似た食環境になる事が考えられるため、以下にセミドライフードのメリットとデメリットをそれぞれまとめてみました。

セミドライフードのメリット
  • 子猫や老猫にとって食べやすい
  • 一定の水分量を補給できる
  • 嗜好性が上がる

セミドライフードのデメリット
  • ドライフードに比べて手間が掛かる
  • 長時間、鮮度を保つ事ができない

※これらセミドライフードのメリットやデメリットは、製造品ではなくドライフードをふやかした時の事を想定した内容になります。

ご飯の種類一覧に戻る>>


sponsored link

プレミアムフードの特徴

贅沢を気取る猫

 次に、プレミアムフードにはどのような特徴が挙げられるのでしょうか?

 プレミアムフードは、区分としてはドライフードに分類されるため、ドライフードと同じく製品に含まれる水分量は10%以下に抑えられた物となっています。

 では、ドライフードと何が違うのかというと、プレミアムフードには着色料や保存料、酸化防止剤などがほとんど含まれておらず、品質や原材料を厳選して作られた食品になっています。

 そのため、猫の体調管理もしやすく、プレミアムフードを与えている方の中には「猫を飼い始めてからワクチン以外で病院に掛かった事が無い」と豪語する方もいるんだとか?

 ただ、日本にはペットフードの安全性を確かめる公的な組織や法律がなく、ペットフード公正取引協議会が定めた基準も、各メーカー毎で自主規制されるだけになっているため、プレミアムフードに明確な定義は存在しない事になります。

プレミアムフードのメリット
  • 食品添加物がほとんど使用されていない
  • 猫の健康維持に適している
  • 乾燥しているので長期間の保存が可能

プレミアムフードのデメリット
  • 水分が含まれないので水の準備が必要
  • 他のフードよりかなり高い

ご飯の種類一覧に戻る>>


ウェットフードの特徴

ご飯を食べさせてもらう猫

 最後に、ウェットフードにはどのような特徴が挙げられるのでしょうか?

 ウェットフードは、その名前の通り水分量が非常に多く含まれている餌の事で、製品に含まれる水分量が70%~80%程度の物となっています。

 特徴としては、嗜好性の向上を図るために肉や魚の身がそのまま入れられていたり、食欲を促進させるための香り付けがされているもの、スープ状になったものなど、様々なウェットフードが存在します。

 これら製品は、ほとんどが缶詰やパウチ(アルミパックなどの袋)に入れられており、1缶(1パック)で1食分の量になっている事がほとんどのため、与え過ぎや分量を量る手間を省くこともできます。

 ただ、ドライフードとは違い一食分の栄養価を満たしていない事が多いため、ウェットフードだけを与えていれば良いというわけにはいかず、適度にドライフードも混ぜるなど手を加えてあげる必要があります。(総合栄養食のウェット品も増えてきているそうです)

ウェットフードのメリット
  • 水分補給が効率よく行われる
  • 食欲不振でも食い付きが良い
  • ご飯の消化が良い
  • 嗜好性が高い

ウェットフードのデメリット
  • 栄養価が低い
  • ドライフードよりも高価
  • ドライフードを混ぜる等の手間が掛かる
  • 長期間の保存に向いていない

ご飯の種類一覧に戻る>>


まとめ

注意書きのおもしろ看板

 昔(10年以上前)は、ドライフードよりも猫缶等のウェットフードを与えている家庭がほとんどだったそうですが、現在では、価格が安定している事や栄養管理面での利便性から、ドライフードを与える家庭がほとんどとなっています。

 ただ、ドライフードを食べられない状態やウェットフードを食べられない状態、各家庭の猫にはそれぞれ事情があるものです。

 そのため、一概に「ドライフードが良い」「ウェットフードが良い」というわけではなく、自身の愛猫に合わせた食事の与え方をしてあげるのが良いでしょう。

 ちなみに、管理人はドライフードを中心として与え、たまにウェットフードを与えて豪華さを演出するようにしています。もちろん、その際の食い付きの良さは、目を見張るものがあります 笑

 関連記事

 ○どれがいいの?オススメのキャットフードや良くない原材料の見分け方とは?

 ○これでもう迷わない!?猫にご飯をあげる時間や回数はどれくらいが良いの?

sponsored link

Message

AdSense