まさかこんなものまで!?猫が食べると中毒を起こす食べ物とは

食べるな危険!?

サボテンを食べる猫

 猫と一緒に暮らしている方の中には、自らのご飯を猫に分け与える…なんて方もいるのではないでしょうか?

 実は、その際に注意しなければならない事があり、猫に与えてはいけない食べ物があるんです。

 そのため、飼い主は何がダメなのかしっかりと把握しておく必要がありますが、どんな食べ物がNGなのか等、すべてを把握するのは難しいですよね。

 そこで今回は、猫が食べてはいけないものについてまとめてみました。

sponsored link

猫が食べれないものとは?

魚を狙う猫

※各項目をクリックで、下ページにスクロールします

 家族で食卓を囲んでいる時、愛猫が足元に来てご飯をおねだりする、なんて光景よくあるかと思います。

 その際、ご飯やおかずを分け与える方もいるかと思いますが、猫に食べさせると中毒を起こしてしまう食べ物が存在するため、飼い主は食べさせて良い物と悪い物をしっかりと把握しておく必要があります。

 では、一体どんな食べ物が禁止されているのか、以下に一覧でまとめてみたので確認していきましょう。


ネギ類

ネギを背負ったカモ

 ここでのネギ類とは、玉葱、長ネギ、ニラ、ニンニク、ラッキョウ、アサツキなどを指します。

 これら、玉葱や長ネギに含まれるアリルプロピルジスルファイドと呼ばれる成分には、猫の血中に含まれる赤血球を破壊する働きがあるため、溶血性貧血を起こす可能性が非常に高くなっています。

 また、摂取する量によっては胃腸障害や血尿を催す様になり、十分死に至る事もありえるので、 オニオンスープや長ネギを使用した鍋の残り汁など、少量でもネギを使用した料理は絶対に与えない様にしましょう。

猫が食べれないもの一覧に戻る>>

カカオ類

チョコレートを食べ散らかす女の子

 ここでのカカオ類とは、チョコレートやココアなどを指します。

 猫は、チョコレートやココアに含まれるテオブロミンという成分を分解できないため、これらを食してしまうとテオブロミンが体内に蓄積され、嘔吐や下痢、不整脈を起こす可能性が非常に高くなっています。

 そのため、チョコレートケーキやココアを食べている時に、おねだりをされても絶対に食べさせない様にしましょう。

猫が食べれないもの一覧に戻る>>

葡萄類

ブドウを頭に乗せた猫

 ここでの葡萄類とは、レーズンや葡萄、マスカットなどを指します。

 なぜ、猫の体に悪いのか因果関係がはっきり解明されていないため、明確な理由はわかりませんが、ブドウやレーズンを猫が摂取することによって、嘔吐や腎機能障害、下痢を催す可能性が非常に高くなっています。

 そのため、間違ってもおやつ代わりに葡萄類を与えない様にしましょう。

 また、数年前にアメリカの調査機関によって、ブドウやレーズンが犬や猫の体にとって有害であるとの結果が正式に発表されたそうです。

猫が食べれないもの一覧に戻る>>

アボカド

アボガドで遊ぶ猫

 アボカドに含まれるペルジンと呼ばれる成分が、動物に対して中毒性をもたらすものとなっており、猫だけに限らず犬やフェレット、ウサギにも良くないとされています。

 また、ペルジンは果実だけではなく種や葉っぱ、樹皮にも含まれており、アボカドを摂取することで痙攣や呼吸困難、下痢などの症状をもたらす可能性が非常に高くなっています。

猫が食べれないもの一覧に戻る>>

ナッツ類

アーモンドを持った猫のクッキー

 ここでのナッツ類とは、アーモンドやマカダミアナッツなどを指します。

 レーズンやブドウと同じく、因果関係が解明されていないところが多くありますが、アーモンドやマカダミアナッツは猫にとって有害とされています。

 これらを摂取する事によって、嘔吐や痙攣などの症状を起こす可能性が非常に高くなっているため、おやつ代わりに与えるのは絶対に止めましょう。

猫が食べれないもの一覧に戻る>>

人間用のサプリメント

薬を嫌がる猫

 人間用のサプリメントは、人間の体に合うことを前提に精製されています。

 海外製の薬は日本人の体には強すぎる、という話を聞いた事があるかと思いますが、これと同じように、猫にとって人間用のサプリメントは非常に強い負荷を掛けることになります。

 そのため、体に良かれと思っても猫にとっては強い薬となり得るため、食べさせるのは絶対に止めましょう。

猫が食べれないもの一覧に戻る>>

イカ、タコ、貝類

サザエさんと猫のシルエットの

 ここでの貝類とは、アワビ、トリガイ、サザエ、アサリ、しじみなどを指します。

 アワビの肝臓に含まれる、フェオフォーバイドと呼ばれる成分は、猫にとって皮膚炎になりやすい物質となっています。

 また、3月~6月に掛けた春先は貝に元々含まれている貝毒が強くなる時期とされているため、特にその時期の貝類は危険となっています。

 これら貝類を摂取することで、皮膚が腫れたり、かゆみを生じる様になる可能性が非常に高くなっています。

 他にも、生のイカやタコに含まれるチアミナーゼという酵素が、ビタミンB1を分解しビタミンB1欠乏症を起こす可能性があります。

猫が食べれないもの一覧に戻る>>

     
sponsored link

アルコール類

ビールをもらう猫

 ここでのアルコール類とは、ビールや焼酎、ウィスキーなどを指します。

 猫にアルコールを飲ませる、なんて事はないと思いますが、もちろんアルコールも猫にとっては有害なものとなっています。

 人間と違い、猫の肝臓はアルコールを分解する造りにはなっていないため、少量の摂取でも酔いが回り、肝機能障害や痙攣を引き起こす可能性が高くなっています。

猫が食べれないもの一覧に戻る>>

カフェイン含有物

猫のクリームが乗ったコーヒー

 ここでのカフェイン含有物とは、お茶やコーヒー、コーラなどを指します。

 お茶やコーヒーに含まれるカフェインは、中枢神経に対して強い興奮を与える効果を持っているため、人間が眠気覚ましにコーヒーを飲む、なんて光景も良く見られるかと思います。

 ただし、猫にとっては刺激が強すぎるため、心臓や神経系への異常をきたす可能性が高くなっています。

猫が食べれないもの一覧に戻る>>

生の豚肉

豚と遊ぶ猫

 生の豚肉には「トキソプラズマ」と呼ばれる寄生虫が潜んでいる可能性が非常に高くなっています。これは、猫や犬だけではなく人間にも感染するため、豚肉を与える際は必ず加熱するようにしましょう。

 このトキソプラズマに感染した場合、猫には下痢や嘔吐などの症状が見られるほか、人間にも筋肉痛の様な体の痛みや、インフルエンザの時のような熱が出る可能性があります。

猫が食べれないもの一覧に戻る>>

骨付きの鶏肉や魚

鶏を狙う猫

 鶏の骨や魚の骨は、喉や食道に引っ掛かりやすいため、それら消化器官を傷つける恐れがあります。

 もしも、鶏の骨や魚の骨が喉などに引っ掛かり傷が付いてしまうと、喉の炎症や胃腸障害を起こす可能性があるので、猫が勝手に骨付きの魚や鶏肉を食べてしまわないよう注意しましょう。

猫が食べれないもの一覧に戻る>>

生卵

生卵のまねをするハムスター

 生卵の卵白には、アビジンと呼ばれる酵素の一種が含まれており、ビタミンの一種であるビオチンを分解する働きがあります。

 そのため、大量に摂取すると体内のビオチンが分解され、皮膚炎や結膜炎などを引き起こす可能性があります。

 ただし、加熱しアビジンを破壊する事で、猫にとって栄養価の高い食品に早変わりします。

猫が食べれないもの一覧に戻る>>

レバー

猫のレバー

 レバーには、ビタミンAやB群が豊富に含まれているため非常に栄養価の高い食べ物なんですが、過剰摂取してしまうとビタミンAが体内に蓄積され、ビタミンA過剰症になる可能性があります。

 そうなると、脊椎の変形などにより体が硬直したり、横になって起き上がれなくなったりするので、過剰摂取には注意しましょう。

猫が食べれないもの一覧に戻る>>

ミネラルウォーター

水を飲む猫

 ミネラルウォーターの種類にもよりますが、マグネシウムを多く含む水の場合は、猫にとってマグネシウムの過剰摂取となってしまいます。

 そうなると、下痢や猫泌尿器症候群(FUS)と呼ばれる症状を発症する可能性があります。

猫が食べれないもの一覧に戻る>>


まとめ

居酒屋で酒を飲む猫

 ここまで、猫が食べれないものを紹介してきましたが、とても多い印象がありますよね。

 猫を二匹飼っている管理人にとっても少し困る事ではありますが、猫の体調を管理するためにも、しっかりと順守しなければと思います。

 ただ、NGとなっている食べ物も少量であればOK、良いとされている食べ物でも過剰摂取は駄目など、何事も加減を知ることで食べさせられる物の幅も広がります。

 ここに掲載されている食べ物以外にも、いくつか食べてはいけないものがあるので、気になる方は更に詳しく調べてみるのも良いかもしれませんね。


 ※参考資料:野菜の種類~全60種以上を五十音順・画像一覧に~

sponsored link

Message

AdSense