自由に生きるための代償は大きかった…。猫を外飼いするメリットやデメリットとは

猫の外飼いについて

街中でリラックスする猫

 縁側で日向ぼっこをしたり、塀の上を悠々自適に散歩するなど、外を自由気ままに歩き回る猫達。

 某国民的人気アニメ「サ○エさん」のタ○を代表とし、猫を放し飼いしている方は多く存在するかと思います。

 ただ、最近では「猫を室内飼いにした方が良い」と言った声も聞かれるため、外飼いは正しい飼い方なのか?と、疑問に思う方も多くいるのではないでしょうか?

 そこで今回は、猫を外飼いする際のメリットやデメリットについてまとめてみました。

sponsored link

猫を外飼いした時のメリット

海を眺める猫

※各項目をクリックで、下ページにスクロールします

 猫を飼う際に、外飼いか室内飼いか、必ずこのどちらかを選択する事になります。

 ただ、どちらを選ぶにしても、どのようなメリットやデメリットが存在するのか把握しておかなければ、選ぶのも難しいですよね。

 そこで、以下に猫を外飼いする際のメリットをまとめてみたので確認してみましょう。

室内での爪とぎが減る

壁で爪とぎをする猫

 まず、猫を外飼いにすることによって、室内での「爪とぎ」の回数が減るという事が考えられます。

 これによって、壁やソファなどの家具が傷つくリスクが大幅に軽減される事になり、「家具を絶対に傷つけられたくない!」という方にとっては、非常に大きなメリットになります。

 また、爪とぎのしつけをする必要がないので手間が省け、飼い主に負担の少ない飼い方が出来ると言えるでしょう。

 ちなみに、以下に猫の爪とぎ対策に関する記事を掲載しておくので、興味のある方はご覧になって見てはいかがでしょうか?

 「これをやっておけばもう安心!?壁やソファに爪とぎをさせない方法とは?

外飼いのメリット一覧に戻る>>


運動量が多くなる

エクササイズをする猫

 次に、室内飼いと比べた時に運動量がはるかに多くなる事が考えられます。

 室内飼いだと、飼い主とおもちゃで遊んだり、キャットタワーを登り降りする事がおもな運動になりますが、外飼いの場合だと自由に街中を走りまわる事が出来るので、比較にならないほど運動量が増える事になります。

 また、その運動量が増えることで最近多くなっている「肥満」の予防に大きな効果が見込めるため、非常に大きなメリットであると言えます。

外飼いのメリット一覧に戻る>>


他猫と交流が図れる

猫の井戸端会議

 次に、外を自由に行き交う事で他猫とのコミュニケーションを図る事ができます。

 室内飼いだと、飼い主とのコミュニケーションだけに限られるため、飼い主が外出したり、構ってあげないと猫は誰ともコミュニケーションをとる事が出来なくなってしまいます。

 ですが、外飼いにすることで様々な猫や人と接する機会が増え、猫の「遊んで欲しい」「構ってもらいたい」などの欲求を満たす事ができます。

外飼いのメリット一覧に戻る>>


sponsored link

猫を外飼いした時のデメリット

屋根の上で昼寝をする猫

※各項目をクリックで、下ページにスクロールします

 前項目では、猫の外飼いに対するメリットを確認してきましたが、もちろん良いことばかりではありません。

 そこで、外飼いにはどのようなデメリットがあるのか、以下にまとめてみたので確認していきましょう。

近所迷惑の可能性

乾いていないコンクリートを踏む猫

 まず、放し飼いにすることで近隣住民に迷惑をかけている可能性が考えられます。

 例えば、人の家の庭に入り糞や尿をしていく、植木を荒す、観葉植物を食べるなど、これらイタズラは実際にあった迷惑行為としてよく耳にします。

 中には、「外ではトイレをしない様にしつけている」「植物を食べないようにしつけている」など、うちの猫に限って…と思う方もいるかもしれませんが、猫のすべての行動を制限する事は不可能に近いと言えます。

 そのため、外飼いをすることで少なからず他人に迷惑を掛ける可能性がある、と言う事を忘れないようにしましょう。

外飼いのデメリット一覧に戻る>>


交通事故に遭うことも

蹴られそうになっている猫

 次に、室内飼いでは起こる事の無い「交通事故」に遭う事が考えられます。

 これは、猫だけではなく人間にも同じ事が言えますが、外を出歩くことで少なからず交通事故に遭う可能性が生じることになります。

 よく、事故に遭い怪我をして帰ってきた、いつまでも帰ってこないため保健所に連絡したら事故に遭っていた…。

 そんな話をよく耳にする事があります。そのため、外飼いをすることでこれらリスクを背負うことになると覚えておく必要があります。

外飼いのデメリット一覧に戻る>>


他猫との喧嘩による怪我

犬と喧嘩をする猫

 次に、他猫との喧嘩で怪我をする可能性が考えられます。

 外に出ることで、コミュニケーションを図れるというメリットもありますが、相性の合わない猫と遭遇した場合は喧嘩になる事も十分あります。

 そうすると、噛み傷や引っ掻き傷を負い、出血はもちろん傷が化膿するなど、すぐに手当をしてあげないと重症化するリスクも発生する事になります。

外飼いのデメリット一覧に戻る>>


病気に掛かる事も

やる気のない顔をした猫

 次に、外飼いをする事で病気や風邪に掛かる確率が非常に高くなります。

 人間と同じく、外に出ることで空気中に含まれるウイルスに感染し、風邪に掛かる事も珍しくはありません。

 また、他の猫と喧嘩をして噛まれたり、雌(メス)猫の場合は野良猫と交配をした時など、猫後天性免疫不全症候群(猫エイズ、FIVとも呼ばれる)に掛かる可能性があります。

外飼いのデメリット一覧に戻る>>


平均寿命の短縮

卒塔婆で爪をとぐ猫

 最後に、寿命の短縮が考えられます。

 一般的に猫の寿命は「室内飼いだと約15年前後」「外飼いだと約7年前後」と言われており、その差が2倍近くもある事がわかります。(老衰だけではなく交通事故や病気によって亡くなる場合も含まれています。)

 このデータを見てわかる通り、それだけ交通事故や病気になる確率が高くなっている事がわかるのではないでしょうか。

外飼いのデメリット一覧に戻る>>


まとめ

木の枝に座るたくさんの猫

 ここまで、猫を外飼いする事のメリットやデメリットについてまとめてきましたが、デメリットの方が強いという印象になったかと思います。

 実際、管理人の周りにも外飼いをしたことで車にひかれ、前足が潰れた状態で家に帰ってきた猫もいました…。

 ただ、室内飼いに比べると猫らしく自由に生きている感じもしますし、運動不足になる事もなく、ストレスを感じる事も少ないと思います。

 そのため、どちらが良いとは一概に断言する事は出来ませんが、愛猫の事を思い飼い主が決めた事なら、それが最良の選択と言えるのかもしれませんね。

 なお、以下に猫の室内飼いに関する記事を掲載しておくので、興味のある方はご覧になって見てはいかがでしょうか?

 「油断大敵!危険はどこでにも潜んでる?猫を室内飼いする際のメリットやデメリットとは

sponsored link

Comment

  1. 匿名 より:

    近所迷惑なので無責任な外飼いはやめてもらいたいです

    • 管理人 より:

      匿名様

      こちらの記事にも記載していますように、猫を外飼いすることで糞尿等による「近所迷惑」であったり、発情期には大きな鳴き声を上げるなど、近隣住民にとっては大きなストレスになるとTVやインターネット上でも見かけたことがあります。

      そうならないように、飼い主がしっかりと責任をもって「避妊手術」や「しつけ」をする事が大事だと管理人も思っております。

Message

AdSense