寺産まれ戦争育ち…穏やかではない過去を持つバーマンの性格や特徴とは

バーマンの歴史

カメラ目線のバーマン

戦争の渦中で誕生した

 バーマンの起源には諸説ありますが、最も有力とされているのは20世紀の始め頃、現在のミャンマーからフランスに持ち運ばれた2匹の猫が始まりと言われています。

 当時、ミャンマーではイギリスや中国による覇権争いが行われており、内乱と外圧でミャンマー国内の治安が不安定になっていました。

 あるとき、その騒ぎに便乗し寺院を強襲する者が現れましたが、フランス在住のイギリス軍兵によって守られたんだそうです。

 その後、イギリス軍兵が帰国する際に、その寺院から持ち帰った2匹の猫のうち1匹がフランスで子供を産み、その産まれてきた子猫達が現在のバーマンの原型になったとされています。

sponsored link

バーマンの性格

寝転がるバーマン

少し嫉妬深い?

 そんな、寺院から持ち帰られたことで誕生したバーマンの性格は、寺産まれだけにとても穏やかで優しい性格の子が多くなっています。

 また、とても甘えん坊で、特に自分がご主人と決めた人にはぴったりと寄り添い付きまとうなど、非常に愛情深い猫種となっています。

嫉妬したように見える猫

 ただ、その愛情深き性格ゆえ、飼い主が構ってあげないと嫉妬する事もあるんだそうです。

 その際、パソコンのキーボード上に乗っかってきたり、新聞を読んでいるところを邪魔してきたりと、いたずら染みた事をしてきますが、これは淋しさを表すサインの可能性があるので、たくさんの愛情を注いであげましょう。

バーマンの平均体重

リラックスしているバーマン

どれくらい育つの?

 さて、バーマンはどこまで大きくなる猫種なのでしょうか?見た目が少しがっしりとしているので、少し大きくなる事が予想されますが…。

 そこで、以下に平均体重を雄(オス)と雌(メス)別に、それぞれ分けてまとめてみたので確認してみましょう。

バーマンの平均体重
雄(オス) 4.2kg~7.0kg
雌(メス) 3.0kg~4.5kg

 平均体重はこのようになっており、雄(オス)で4.2kg~7.0kg、雌(メス)で3.0kg~4.5kgとなっています。これは、一般的な猫よりも少し大きめの猫種と言えます。

続きを読む>>
sponsored link

Message

AdSense