シンガプーラの性格や体重って?世界最小の猫はこんなに小さい!?

猫図鑑

シンガプーラの歴史

下水溝で生活していた!?

 シンガプーラは、もともとシンガポールに生息していた野生の猫で、現在公認されている純血種の中では、世界最小の猫種となっています。

 その体の小ささから、下水溝(ドレイン)を拠点とし、ねずみ等を狩って生活していた事から、シンガポールでは「ドレインキャット」とも呼ばれていたそうです。


 そんな折、シンガポールに大きな瞳を持つ象牙色の猫がいると噂を聞きつけたメドウ夫妻が、アメリカから訪れ、シンガプーラを持ち帰り繁殖をして誕生した子が、現在のシンガプーラの原型と言われています。

 シンガプーラの繁殖活動が始まったのが1975年ころと言われていて、その後1980年代初頭にはCFA(THE CAT FANCIERS’ ASSOCIATION, INC.)やTICA(The International Cat Association)に登録されたことから、わずか6年前後という驚異の速さで新種の猫として認められたことになります。


 ちなみに、成猫になっても大きくならない体質のため「小さな妖精」とも呼ばれ、その人気はたちまち世間に広がったそうです。

sponsored link

人気記事ランキング

シンガプーラの性格

産まれたばかりのシンガプーラ

運動神経は抜群!

 そんな、世界最小の猫シンガプーラの性格は、とても大人しく甘えん坊な性格の子が多くなっています。

 また、下水溝でねずみを捕まえていただけに好奇心旺盛で、運動神経も抜群、飼い主とおもちゃで遊ぶ事が大好きな猫種となっています。

銃を撃つ猫

 ただ、その体の小ささからも想像できる通り、少々臆病な一面を持ち合わせているため、慣れない人や動物には神経質になる事もあるようです。

 そのため、多頭飼いはあまり向いてない猫種と言われているので、初めて猫を飼う方などにおすすめの猫種となっています。

シンガプーラの毛色

カメラを見つめるシンガプーラ

毛色は基本的にブラウン系のみ

 世界最小の猫として非常に人気の高いシンガプーラですが、毛色にはどんな種類があるのでしょうか?

 主に「セピアアグーティタビー」や「セーブル」、「セピア」といった、いわゆる淡いブラウン系の色以外はシンガプーラとして認められていないそうです。


 また、毛質はティッキングと呼ばれ”1本の毛に異なる色が交互に2色以上入っいて、根本が薄く先端が濃い毛色”という特徴を持ちます。他にも、腹部にかけた部分の毛色は背中側よりも薄くホワイト色に近く、尾の先端になるほど毛色が濃くなっています。

 

シンガプーラの平均体重

窓辺に座るシンガプーラ

どこまで成長するの?

 では、世界一小さな猫種シンガプーラの平均体重はどれくらいとなっているのでしょうか?どの程度の大きさになるのか、とても気になりますよね。

 そこで、以下にシンガプーラの平均体重を雄(オス)と雌(メス)それぞれ分けてまとめてみたので確認してみましょう。

シンガプーラの平均体重
雄(オス) 2.7kg~3.5kg
雌(メス) 2.2kg~3.0kg

 シンガプーラの平均体重はこのようになっており、雄(オス)で2.7kg~3.5kg、雌(メス)で2.2kg~3.0kgとなっています。さすが世界最小の猫種なだけあり、かなり小さな体型という事がわかります。

シンガプーラの平均寿命

親子のシンガプーラ

シンガプーラと一緒に居る時間

 次に、シンガプーラの平均寿命を確認していきましょう。

 これから猫を飼う上で、寿命などは気にしたくない、考えたくないところではありますが、長く生活していく上で飼い主として知っておくべき情報の一つとも言えます。

 そこで、以下にシンガプーラの平均寿命をまとめてみたので、確認しておきましょう。

シンガプーラの平均寿命
11歳~15歳

 シンガプーラの平均寿命は11歳~15歳となっており、一般的な猫の平均寿命が15年と言われているため、それとほぼ同じ寿命となっています。

 ただし、これはあくまでも平均寿命であり、体調管理をしっかりと行うことで、平均寿命を大きく超えて生きることは十分に考えられます。

シンガプーラの飼い方と注意点

丸まって寝る子猫のシンガプーラ

多頭飼いには注意!

 ここまで、シンガプーラの性格や平均体重、平均寿命についてまとめてきましたが、シンガプーラを飼う上で注意すべき点なども気になりますよね。

 性格の項目でも記述しましたが、多頭飼いにあまり向いていない猫種なので、極力避ける様にしましょう。どうしても多頭飼いになってしまう場合は、先住猫と一定距離を置いてあげるようにしてください。

 小さな体の割には、運動量が非常に多くキャットタワーやタンスなどの高いところによく上ります。また、人の体に飛び乗る事もあるようなので、ひっかき傷を作らないよう普段からこまめに爪を切るようにしましょう。

 また、寒さにはあまり強くない猫種と言われているので、冬時期は温かい居場所を確保してあげるなど、冬対策も必要になります。


気を付けたい病気は?

 シンガプーラは遺伝性による疾患を起こしやすく、中でも「ピルビン酸キナーゼ欠損症」と呼ばれる病気があります。これは、ピルビン酸キナーゼと呼ばれる酸素が欠乏することで赤血球の寿命が縮まり貧血を起こす病気です。

 原因は遺伝によるものがほとんどなので、対策としては定期的な検診を行い、症状の早期発見と早期の治療が効果的でしょう。


 他にも、肥大型心筋症に掛かりやすい猫種とも言われています。この肥大型心筋症が発症すると「呼吸困難」や「後肢不全麻痺(後ろ足が動かなくなる)」「食欲の低下」など、比較的重度の症状が見られます。

 ただし、5割前後の確率で「無症状」の可能性があるので、やはり定期的な検診は受けておいた方が良いでしょう。

 これら病気を発症させないためにはストレスを与えないことが一番と言われています。シンガプーラはもともとストレスを感じやすい猫種に分類されているので、日ごろから過度なストレスを与えないよう気を付けましょう。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

※コメントは管理人の承認後に表示されます