祖先は常に人気上位の猫達だった!オシキャットの性格や特徴とは

オシキャットの歴史

子猫のオシキャット

2代目で正式に認められた?

 オシキャットは、「アビシニアン」「シャム猫」「アメリカンショートヘア」を交配した事で生まれた猫種となっています。

 元々は、アビシニアンのポイントカラーを受け継いだシャム猫を作出しようと、ブリーダー達がアビシニアン×シャム猫の交配を試みましたが、そこで誕生したのはアビシニアンの血を強く受け継いだものだったそうです。

 ただ、その子供たちの中に綺麗なスポット(斑点模様)をもつ子猫がいたため、更にくっきりとしたスポットにしようと、一人のブリーダーがアメリカンショートヘアと交配させた事で誕生したのが、オシキャットと言われています。

 つまり、オシキャットは2代に渡る交配の末、作出された猫種という事になります。ブリーダー達の研究心も凄いですね。

sponsored link

オシキャットの性格

じゃれあうオシキャット

犬の頭脳を持つ猫!?

 そんな、2代に渡る交配の末に誕生したオシキャットの性格は、人にとても懐きやすく「犬の魂が猫の体に入っているのでは?」と言われるくらい社交的な一面を持っています。

 また、投げた物を持ってくる、呼ばれたら返事をするなど、非常に頭の良い猫としても知られています。それだけでも、すでに猫の概念を覆していますよね。

 そのうち、勉強を始める子も出てきたり…なんて事も?

パソコンで勉強をする猫

 他にも、見知らぬ人に対しても撫でて欲しいなどのアピールをするほど甘えん坊な性格だったりと、猫の中でも非常に飼いやすい種類の猫と言えます。

 ただし、その甘えん坊な性格ゆえに、飼い主が十分にかまってあげないとストレスを感じてしまう事が多くなっています。そのため、毎日遊んであげる、何かしらのコミュニケーションを図るなど、日ごろから意識してあげるようにしましょう。

オシキャットの平均体重

こちらを見てるオシキャット

どれくらい大きくなるの?

 オシキャットは、どこまで成長する猫種なのでしょうか?直系の祖先である「アビシニアン」「シャム猫」「アメリカンショートヘア」は、そこまで大きな猫種ではないので、それ以上になるという事はなさそうですが…。

 そこで、以下にオシキャットの平均体重を雄(オス)と雌(メス)別に、それぞれ分けてまとめてみたので確認してみましょう。

オシキャットの平均体重
雄(オス) 5.0kg~7.0kg
雌(メス) 2.8kg~5.5kg

 オシキャットの平均体重はこのようになっており、雄(オス)で5.0kg~7.0kg、雌(メス)で2.8kg~5.5kgとなっています。これは、一般的な猫の平均体重とほぼ同一の体重となっています。

sponsored link

オシキャットの平均寿命

授乳中のオシキャット

オシキャットと暮らせる期間

 次に、オシキャットの平均寿命は一体どれ程となっているのでしょうか?

 オシキャットを飼おうと考えている方にとって、平均寿命などは考えたくないところだとは思いますが、これも飼い主の責任として、しっかり把握しておくべき大切なポイントです。

 そこで、オシキャットの平均寿命を以下にまとめてみました。

オシキャットの平均寿命
12歳~15歳

 オシキャットの平均寿命は12歳~15歳となっており、一般的な猫の平均寿命が15歳前後とされているため、それとほぼ同等の寿命である事がわかります。

 ただ、飼い主が日ごろの食事や体調をしっかりと管理してあげる事で、平均寿命をはるかに超えて長生きする事は、十分に考えられます。

飼育時の注意点

寝転がるオシキャット

定期的な歯磨きをする!

 ここまで、オシキャットの歴史や性格、平均的な体重や寿命についてまとめてきましたが、これからオシキャットと暮らす上で注意すべき点などはあるのでしょうか?

 オシキャットは、寒がりな一面を持ち合わせているため、冬場の寒さには十分気を使ってあげる必要があります。

 また、歯肉炎にかかりやすいところもあるため、定期的に歯磨きをしてあげる、もしくは歯磨きの役割を兼ねたおやつをあげるなど、対策をとる様にしましょう。

 ブラッシングは、オシキャットの特徴であるスポットを綺麗に維持するためにも、最低1日1回以上は心がけると良いでしょう。

sponsored link

Message

AdSense