猫の身体能力が凄い!自分の身長の○倍もの高さをジャンプできる!?

猫の身体能力はどれくらい凄い?

用水路を飛び越える猫

 いつも俊敏な上に、しなやかな動きを見せてくれる猫たち。自分の身長の何倍もある高さのキャットタワーに上り、スッとジャンプして降りてくる姿は、まるで忍者のようにかっこいいですよね!

 そんな猫たちですが、どうしてそんな高いところへとジャンプ出来るのでしょうか?また、あんな高いところから飛び降りてケガをしないの?と、心配になる事も…。

 そこで今回は、猫のジャンプ力や飛び降り方など、運動能力についてまとめてみました。


どれくらい飛ぶの?

木に登る猫

 ソファーやテーブル、机の上くらいの高さであれば、いとも簡単にピョンとジャンプして飛び乗る猫たちですが、いったいどれくらいの高さまで飛ぶことが出来るのでしょうか?

 実は、猫たちの本気の運動能力は…凄いものだったんです!まずは、猫のジャンプ力について確認していきましょう。

自分の身長の約5倍も飛ぶ!?

驚いてジャンプする猫

 猫はもともと肉食動物なので、昔は狩りで仕留めた獲物を食べて生活していました。基本的には待ち伏せて一気に襲い掛かるという狩のスタイルでしたが、時には木から木へと飛び移ったりもしていたそうです。

 そのため、当時の身体能力がそのまま備わり、俊敏に動くことが出来る身体になっているんですね。

 そして、走るスピードが速いことはもちろん、ジャンプ力はなんと自分の身体の約5倍、およそ1.5mのところまで飛ぶことが出来るというから驚きです!

 また、どれぐらいの高さまで飛べるのかを調べていたところ、2m近い高さを飛べるという猫もいましたので、本当に猫の跳躍力はもの凄いことがわかります。


どうして身長の5倍も飛べるの?

木の枝に座るたくさんの猫

 では、猫はなぜこんなに高いところへとジャンプできるのか?という疑問ですが、それには猫のしなやかな身体に秘密がありました!

 猫の背骨は短い円柱状の脊髄がいくつも連なってできています。この背骨は人間や犬と比較すると、とてもしなやかに曲がり、弓のように丸めることや、真っ直ぐに伸ばすことが可能なんです。

 この、しなやかな背骨を使って一気に丸まり、そして一気に伸ばすことで、それがバネの役割を果たし高く飛ぶことが出来るそうです。

 さらに、腰が高い位置にある分だけ後ろ足が長く、折れ曲がった足もバネの役割をしてくれます。この足の力を使う事で、自分の身体を持ち上げ、ピョンとしなやかにジャンプすることを可能にしているんですね。

sponsored link

どれくらいから落ちても大丈夫?

民家の屋根を歩く猫

 猫って…どんなに高いところから落ちても平気そうにしていると思いませんか?一般的なキャットタワーの高さであれば、万が一落ちてしまってもほとんどの場合は、キレイに着地していると思います。

 なぜ、こんなにも高いところから落ちても平気なのでしょうか?

 調べてみると、先ほどジャンプの時に発揮した「しなやかな身体」や「バネ」に加えて、さらに「平衡感覚」も優れている事が関係していたんです。それでは詳しく確認していきましょう。


マンションの2階も平気?

キャットタワーから飛び降りる猫

 猫は空中で受け身を取ることが出来るため、どんな体勢で落ちたとしても4本の足をついてしなやかに着地することができます。

 高いところなら、マンションの3~4階の高さであれば、問題なく着地出来ると言われています。反対に低いところでは、高さ30cmという高さでも受け身を取れていたという報告も。

※危険ですので、絶対に実験したりしないでください!


 もちろん、個体差がありますので、自分の飼い猫がどれくらいの高さまでなら着地出来るか?という事は分かりません。

 低い位置でもケガをする子もいれば、なんと7階以上の高さでも無傷だったという事例も…猫ってすごい能力を持っているんですね!


平衡感覚がポイント?

海辺を歩く猫

 なぜ、猫はそんなに高いところから飛び降りても大丈夫なのか?気になりますよね。それは、先ほど話した運動能力に加え、優れた平衡感覚を持っているからなんです。

 この平衡感覚は、猫の耳の中にある「内耳」に関係しており、内耳の「前庭」という部分で直線方向の動き・遠心力・重力を感知し「三半規管」で回転運動を感知します。

 この内耳の働きによってバランス感覚を保ち、落ちながらでも目を回さずにいられるのです。ちなみに、この抜群の平衡感覚ゆえ、猫は車酔いをしないそうです!車に酔いやすい人間からすると羨ましいかぎりですね!


猫は受け身の達人!?

キャットタワーで遊ぶ猫

 さらに、優れた平衡感覚に加え、猫の柔軟さが生み出す受け身にも秘密があります。

 猫の体がびよーんと長く伸びる姿を見たことがありますか?猫はとても関節が柔らかく、内臓も自由に移動できたり皮膚の収縮性も良いため、体を極端な方向にねじったり、狭いところを通ったりできるんです。

 この、柔らかい関節を使い空中で身体をひねり回転させ、受け身の体勢を整えることが出来るので、着地も上手に決まるんですね。

 この能力は成猫だけではなく子猫の時から備わっていて、0.125秒~0.5秒という超短時間で無意識に受け身を取ることが出来るというから驚きです。


まとめ

桜の木に登る猫

 ここまで、猫はどれぐらい高く飛べるのか、どれくらいの高さから飛び降りれるのか?など、運動能力についてまとめてきましたが、いかがだったでしょうか。

 自分の身長の約5倍もの高さを飛べるというのは驚きでしたね。自分でジャンプしてみればわかると思いますが、人間はスポーツ選手といえど、自分の身長の5倍も飛ぶことはできません…。

 これで、いかに猫の身体能力が高いかということがわかるでしょう。

 そして最後に、猫のかっこよすぎるジャンプをまとめた動画を掲載しておくので、興味のある方はご覧になってみてはいかがでしょうか?

○関連記事
 猫の足の速さって時速何km?人と比較した時どれくらい速いの?

sponsored link

Message

AdSense