なんと、7つ以上の呼び名を持つ猫!?ロシアンブルーの性格や特徴とは?

ロシアンブルーの歴史

何かを見つめるロシアンブルー

いくつもの名を持つ猫!?

 ロシアンブルーの起源は、ロシア北部のアルハンジェル島に自然発生したブルーの猫が始まりと言われており、その見た目の美しさからロシアの貴族達から愛され、気品あふれる猫として育てられていました。

 1860年頃、ロシアから商業船に乗ってイギリスへ渡ると、その美しさから瞬く間に世間の人気を得ることになりますが、第二次世界大戦中に数が激減し絶滅の危機に陥る事になります。

 ただ、その後アメリカやイギリスでブリーダー達による懸命な交配が行われ、絶滅の危機を回避し現在のロシアンブルーに至ります。

 そのため、ロシアンブルーにはロシアの地名が入る「アルハンゲルキャット」や「アークエンジェルキャット(アルハンゲルの英名)」、ロシア外で付けられたと思われる「フォーリンブルー」や「スパニッシュキャット」、「マルティーズキャット」など、様々な名前で呼ばれてきた経歴を持っています。

sponsored link

ロシアンブルーの性格

アップで写るロシアンブルー

ほとんど鳴かない!?

 そんな、いくつもの名前をもつロシアンブルーの性格は、ロシアの貴族達に愛されていただけに、とても大人しく、飼い主に従順な「犬の様な性格の猫」と言われています。

 また、ほとんど鳴く事がないことから「ボイスレスキャット」とも呼ばれるほど、物静かで気品あふれる性格となっています。

大声で歌う猫

 ただ、少しばかり警戒心が強く神経質な一面を持ち合わせているため、家族以外の人に慣れるまで少し時間が掛かる事が考えられます。

 ですが、大人しくほとんど鳴かない性格のため、アパートやマンションにお住まいの方にとって、うってつけの猫と言えるのではないでしょうか。

ロシアンブルーの平均体重

寝ているロシアンブルー

どれくらい成長するの?

 では、ロシアンブルーはどこまで成長する猫種なのでしょうか?そのスラッとした見た目から、あまり大きくならないイメージはありますが…。

 そこで、以下にロシアンブルーの平均体重を雄(オス)と雌(メス)別に、それぞれ分けてまとめてみたので確認してみましょう。

ロシアンブルーの平均体重
雄(オス) 4.5kg~5.5kg
雌(メス) 2.5kg~4.0kg

 ロシアンブルーの平均体重はこのようになっており、雄(オス)で4.5kg~5.5kg、雌(メス)で2.5kg~4.0kgとなっています。やはり、一般的な猫の平均体重と比較しても、軽めの体重となっています。

続きを読む>>
sponsored link

Comment

  1. 野々村議員 より:

    僕もロシアンブルーを飼っていました

Message

AdSense