ピクシーボブの性格や体重って?人間の言葉がわかる猫がいた…!?

記事公開日:
最終更新日:
猫図鑑

ピクシーボブの歴史

基は土着のヤマネコ?

 ピクシーボブの起源は比較的新しいものとなっており、1985年にワシントン州に住むキャロル・アン・ブリュワーという女性がマウント・ベーカー(カスケード山脈)の麓で手に入れた子猫が始まりと言われています。

 キャロルは、手に入れた猫が土着のヤマネコである「ボブキャット」の子孫であると考え、隣人が飼うブラウンスポッテッドの猫と交配させる事にしました。

 そうして生まれた子に「ピクシー」と名付け、新品種の確立を目的とし更に計23頭の猫をマウント・ベーカーの麓で手に入れ繁殖活動を行いましたが、その生まれてきた子猫達に「ボブキャット」の血筋がない事が判明しました。

 ただ、CFAではネコ科で野生種の血が入った品種登録は受け付けていなかったため、結果的に登録される事はありませんでしたが、TICAで登録される事になり現在の原型となっています。

sponsored link

猫図鑑」カテゴリーの人気記事

ピクシーボブの性格

カメラを見つめるピクシーボブ

人間の言葉がわかる!?

 そんな、野生種の血を色濃く継いでいるピクシーボブの性格は、その血筋とは裏腹にとても社交的で、飼い主に対し従順な子が多くなっています。

 また、頭が良いことでも知られており「人間が話す言葉を理解できる猫」としても有名で、コミュニケーションを図り易い猫種となっています。

ハイタッチで喜ぶ猫

 ただ、少し淋しがり屋な一面も持ち合わせているため、長期間構ってもらえないと飼い主や他のペットに対して嫉妬心を抱く事があります。

 そのため、定期的なスキンシップを持つようにし、多頭飼いをしている場合は常に気を配ってあげるようにしましょう。

ピクシーボブの平均体重

ピクシーボブの子猫達

どこまで成長する猫種なの?

 さて、ピクシーボブはどこまで成長する猫種なのでしょうか?比較的体が大きなヤマネコの血を継いでいるため、少し大きくなる事が予想できますが…。

 そこで、以下に平均体重を雄(オス)と雌(メス)別に、それぞれ分けてまとめてみたので確認してみましょう。

ピクシーボブの平均体重
雄(オス) 5.2kg~7.5kg
雌(メス) 4.0kg~6.2kg

 ピクシーボブの平均体重は、雄(オス)で5.2kg~7.5kg、雌(メス)で4.0kg~6.2kgとなっており、やはり平均的な猫よりもかなり大きめの体型となっています。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

※コメントは管理人の承認後に表示されます