•  ねこびあTOP
  • 猫図鑑
  • サバンナキャットの性格や体重って?ワイルドな見た目に反して、実は淋しがり屋だった?

サバンナキャットの性格や体重って?ワイルドな見た目に反して、実は淋しがり屋だった?

記事公開日:
最終更新日:
猫図鑑
sponsored link

猫図鑑」カテゴリーの人気記事

サバンナキャットの平均寿命

仲が良い2匹のサバンナキャット

どれくらい生きるの?

 次に、平均寿命は一体どれ程となっているのでしょうか?

 愛猫の寿命を調べるというのも酷な話ではありますが、サバンナキャットは国内でも希少なため、知っておきたい情報の一つでもありますよね。

 そこで、以下に平均寿命をまとめてみたので確認してみましょう。

サバンナキャットの平均寿命
17歳~20歳

 サバンナキャットの平均寿命は17歳~20歳となっており、一般的な猫の平均寿命と言われている15歳を大きく上回り長生きする事がわかります。

 ただし、日々の体調管理によってその寿命は長くも短くもなるため、普段から食事等には気を配る様にしましょう。

飼い方と注意点

鞄に入ったサバンナキャット

血統によっては許可が必要に

 ここまで、サバンナキャットの歴史や性格、平均的な体重や寿命についてまとめてきましたが、飼育をする上で注意すべき点などはあるのでしょうか?

 そもそも、サバンナキャットにはF1~F7あたりまで種類が分かれており、数字が小さいほど野生の血が濃くなっているという特徴があります。

 そのため、野生の血を濃く継ぐF1~F3あたりのサバンナキャットを飼育する場合は、都道府県知事の飼育許可を取得する必要があるため、一度お住まいの自治体に確認するようにしましょう。

 飼育後に特別なメンテナンスは必要としませんが、爪が非常に鋭くなっているため、怪我や家具の傷つき防止のため、毎週爪を切る様にしましょう。

こちらの記事もよく読まれています

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

※コメントは管理人の承認後に表示されます