同じ名前なのに二種類存在する!?バーミーズの性格や特徴とは

バーミーズの歴史

何かを見つめるバーミーズ

国ごとで人気度が変わる!

 バーミーズの起源は1930年代、ジョセフ・トンプソン医師がビルマ(現ミャンマー)からアメリカに持ち帰ったウォンマウという猫を基に、シャム猫を交配させ産まれた子が始まりと言われています。

 バーミーズは、頭が丸みを帯びふっくらとした頬が特徴のアメリカンバーミーズと、頭が短いV字型で丸型の鼻を持つヨーロピアンバーミーズの二種類に分ける事ができ、それぞれが別の猫種として区別される事もあります。

 これらバーミーズは、その名前の通りアメリカや日本では「アメリカンバーミーズ」が、ヨーロッパやオーストラリアではシャム猫に似たタイプの「ヨーロピアンバーミーズ」が人気となっています。

 ちなみに、名前の由来は「バーミーズ葉巻」の色と酷似している事から、その名前が付けられたそうです。

sponsored link

バーミーズの性格

カメラ目線のバーミーズ

鳴き声も小さく静か!

 そんな、各国で人気種が変わるバーミーズの性格は、アメリカンとヨーロピアン共に、とても人懐こく環境適応力が非常に高い猫種となっています。

 そのため、子供がいる家庭や、先住猫がいる場合でも、比較的早い段階でその環境に慣れてくれるでしょう。

赤ちゃんと並んで寝る猫

 また、普段は活発に走り回るなど、遊ぶ事が大好きなバーミーズですが、その鳴き声がとても静かで小さい事から「慈悲深い猫」とも呼ばれています。

 そのため、集合住宅やマンションなどで猫を飼いたい場合に、最適な猫種となっています。

バーミーズの平均体重

カメラを見つめるバーミーズ

どれくらい大きくなるの?

 バーミーズは、どこまで大きくなる猫種なのでしょうか?直系の祖先に当たるシャム猫は、とても小さい方の猫種に分類されるため、バーミーズもあまり大きくならない事が予想されますが…。

 そこで、以下にバーミーズの平均体重を雄(オス)と雌(メス)別に、それぞれ分けてまとめてみたので確認してみましょう。

バーミーズの平均体重
雄(オス) 4.0kg~6.1kg
雌(メス) 3.1kg~4.5kg

 バーミーズの平均体重はこのようになっており、雄(オス)で4.0kg~6.1kg、雌(メス)で3.1kg~4.5kgとなっています。これは、一般的な猫の平均体重とほぼ同じ重さとなっています。

sponsored link

バーミーズの平均寿命

産まれたばかりのバーミーズ

一緒に暮らせる期間

 次に、バーミーズの平均寿命は一体どれ程なのでしょうか?

 これからバーミーズを飼う方、またはすでに飼っている方にとって、寿命は考えたくないところではありますが、これも飼い主の責任として、しっかり把握しておきましょう。

 そこで、バーミーズの平均寿命を以下にまとめてみました。

バーミーズの平均寿命
13歳~15歳

 バーミーズの平均寿命は13歳~15歳となっており、一般的な猫の平均寿命が15歳前後とされているため、それとほぼ一緒の寿命となっています。

 ただ、飼い主が日ごろの食事や体調をしっかりと管理してあげる事で、平均寿命をはるかに超え21歳まで生きたバーミーズも存在するそうです。

飼育時の注意点

寝ているバーミーズ

体調が被毛に現れる!

 ここまで、バーミーズの歴史や性格、平均的な体重や寿命についてまとめてきましたが、バーミーズと暮らす上で何か注意すべき点はあるのでしょうか?

 バーミーズは、筋肉質で運動量が豊富なため、運動不足にならないよう上下運動ができるキャットタワーを準備してあげましょう。

 また、とても綺麗好きな性格の子が多いため、特に手入れをする必要はありませんが、体調の善し悪しが被毛のコンディションに現れやすくなっているので、飼い主が細かく見てあげる事で体調管理をしやすくなるでしょう。

sponsored link

Comment

  1. 長束徳男 より:

    バーミーズが見たい、京都市内

Message

AdSense