ラグドールの性格や大きさって?世界的な知名度の裏には、人の欲望が…。

記事公開日:
最終更新日:
猫図鑑

ラグドールの歴史

ビジネスに利用された過去…

 ラグドールは、1963年にアメリカのカリフォルニア州に住むアン・ベイカーというブリーダーが、「ペルシャ」と「バーマン」を交配させた事により誕生しました。

 その際、アン・ベイカーは産まれてきた猫達の魅力に自信を持ち「自らが設立した組織IRCAに登録したブリーダーにしかその名前を使わせない」という、フランチャイズの様な体制を設けました。


 結果的に知名度は世界中に広がったものの、その厳しい規制に疑問を持った夫婦が、フランチャイズ契約を行わずに譲り受けた子猫で「ラガマフィン」を作出したんだそうです。

 その後、彼女が設立したIRCAという組織は20世紀後半に分裂し、初期の作出者以外のブリーダー達によって、現在のラグドールが形作られることになりました。

sponsored link

猫図鑑」カテゴリーの人気記事

ラグドールの性格

こちらを見つめるラグドール

優しくおおらか

 そんな、少し複雑な過去を持つラグドールの性格は、とても大らかで優しい性格の子が多くなっています。

 また、ラグドールという名前には「ぬいぐるみ」という意味が込められていますが、その名前の通り抱きかかえられる事にもほとんど抵抗する事がなく、子供からも人気の猫種となっています。

猫を抱っこするアライグマ

 また、狩猟本能がそこまで激しくない為か、爪を出して引っ掻く事が少なかったり、大きな声で鳴いたりする事もなく、激しい運動をあまり好まない子が多いのだとか。

 ただ、大人しく激しい運動を好まないと言っても飼い主と遊ぶことは好きなので、たくさん遊んでコミュニケーションを取るようにしましょう。

ラグドールの毛色

トーティカラーのラグドール

人気の毛色はブルーポイント

 長毛が綺麗なラグドールですが、毛色にはどんな種類があるのでしょうか?

 ラグドールの被毛は主に「シール(濃い目の茶色)」「ブルー(濃い目のグレー)」「レッド(薄く赤み掛かった茶色)」「ライラック(薄く青み掛かったグレー)」「クリーム」などなど…非常に多くの毛色が存在します。


 また、毛の模様にもいくつか特徴があり、足先が白く靴下を履いているような模様を「ミテッド」。2色の色がハッキリと分かれている模様の「バイカラー」。

 バイカラーとは異なり、2色の色が混ざり合っている模様の「トーティ」。顔や手足、尻尾など、様々な箇所にアクセントとしてカラーが入る「ポイント」など、模様にも様々なバリエーションが存在します。

 中でも人気の毛色がブルーポイントとなっており、海外においても非常に人気の高い種類となっています。

ラグドールの画像

性格や毛色も気になりますが、やっぱり実際のラグドールを見たいですよね!そこで、以下にInstagram上にアップされている画像をいくつかピックアップしてみたので、様々な種類のラグドールを見てみましょう。





雪丸ちゃんママさん(@yukima6)がシェアした投稿







関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

※コメントは管理人の承認後に表示されます