日本に昔から伝わる民芸品「招き猫」のモデル?ジャパニーズボブテイルの性格とは

ジャパニーズボブテイルの歴史

カメラ目線のジャパニーズボブテイル

実は中国生まれだった?

 ジャパニーズボブテイルの起源は約1000年前に遡り、当時の日本天皇へ中国皇帝からの贈り物として輸入された猫が始まりと言われています。

 そんな、古くから日本に存在していた猫ですが、年月の経過と共にその数は減っていき、日本国内においてもその姿を見かける事が少なくなってきました。

 ただ、1960年代後半に入ると当時、日本に滞在していたジュディ・クロフォードというアメリカ人女性が日本猫の魅力に目を付け、アメリカに住む友人にペアの猫を輸送し繁殖が行われる事に。

 その結果、アメリカにおいて体型がスマートに改良され、日本に逆輸入される事になったほか、1976年にはCFA公認の猫種となった事により人気も上がり、現在の原型となっています。

 ちなみに、日本の民芸品である「招き猫」は短尾の三毛猫種であることから、ジャパニーズボブテイルがモデルになったとも言われています。

sponsored link

ジャパニーズボブテイルの性格

二匹のジャパニーズボブテイル

とっても家族思い!

 そんな、招き猫のモデルになったとされているジャパニーズボブテイルの性格は、非常に優しく穏やかな性格の子が多くなっています。

 また、環境の変化に高い順応性を持ち、多頭飼いをしている場合や引っ越し等で家が変わった場合でもすぐに慣れるなど、とても飼いやすい猫種となっています。

子猫にご飯を食べさせる猫

 他にも、成猫になり自立した自分の子に対して世話をやく事があるなど、愛情深く家族意識が高い猫である事がわかります。

 ただ、初対面の人や見慣れない人に対しては少し警戒する事があるため、慣れないうちから抱っこ等の接触によるコミュニケーションは控えた方が良いでしょう。

ジャパニーズボブテイルの体重

布団でくつろぐジャパニーズボブテイル

どこまで大きくなる?

 次に、ジャパニーズボブテイルの平均体重はどれくらいとなっているのでしょうか?

 以下に、平均的な体重を雄(オス)と雌(メス)それぞれでまとめてみたので確認してみましょう。

ジャパニーズボブテイルの平均体重
雄(オス) 3.5kg~4.8kg
雌(メス) 2.8kg~3.7kg

 平均体重はこのようになっており、雄(オス)で3.5kg~4.8kg、雌(メス)で2.8kg~3.7kgとなっています。

 これは、平均的な猫の体重よりも軽いと言え、日本人の体型らしく?あまり大きくならない事がわかります。

続きを読む>>
sponsored link

Message

AdSense