こんなに小さいの!?世界最小の猫、シンガプーラの性格や特徴とは

シンガプーラの歴史

カメラ目線のシンガプーラ

下水溝で生活していた!?

 シンガプーラは、もともとシンガポールに生息していた野生の猫で、現在公認されている純血種の中では、世界最小の猫種となっています。

 その体の小ささから、下水溝(ドレイン)を拠点とし、ねずみ等を狩って生活していた事から、シンガポールでは「ドレインキャット」とも呼ばれていたそうです。

 そんな折、シンガポールに大きな瞳を持つ象牙色の猫がいると噂を聞きつけたメドウ夫妻が、アメリカから訪れ、シンガプーラを持ち帰り繁殖をして誕生した子が、現在のシンガプーラの原型と言われています。

 ちなみに、成猫になっても大きくならない体質のため「小さな妖精」とも呼ばれ、その人気はたちまち世間に広がったそうです。

sponsored link

シンガプーラの性格

産まれたばかりのシンガプーラ

運動神経は抜群!

 そんな、世界最小の猫シンガプーラの性格は、とても大人しく甘えん坊な性格の子が多くなっています。

 また、下水溝でねずみを捕まえていただけに好奇心旺盛で、運動神経も抜群、飼い主とおもちゃで遊ぶ事が大好きな猫種となっています。

銃を撃つ猫

 ただ、その体の小ささからも想像できる通り、少々臆病な一面を持ち合わせているため、慣れない人や動物には神経質になる事もあるようです。

 そのため、多頭飼いはあまり向いてない猫種と言われているので、初めて猫を飼う方などにおすすめの猫種となっています。

シンガプーラの平均体重

窓辺に座るシンガプーラ

どこまで成長するの?

 では、世界一小さな猫種シンガプーラの平均体重はどれくらいとなっているのでしょうか?どの程度の大きさになるのか、とても気になりますよね。

 そこで、以下にシンガプーラの平均体重を雄(オス)と雌(メス)それぞれ分けてまとめてみたので確認してみましょう。

シンガプーラの平均体重
雄(オス) 2.7kg~3.5kg
雌(メス) 2.2kg~3.0kg

 シンガプーラの平均体重はこのようになっており、雄(オス)で2.7kg~3.5kg、雌(メス)で2.2kg~3.0kgとなっています。さすが世界最小の猫種なだけあり、かなり小さな体型という事がわかります。

続きを読む>>
sponsored link

Message

AdSense