猫は汗をかく動物なの?実は肉球から汗をかいているって本当?

猫は汗をかく?かかない?

こたつでくつろぐ飼い猫

 猫はこたつで丸くなる~♪という歌があるように、寒さが苦手なイメージはありますが、暑さに対しての話はあまり聞きませんよね。

 人間は暑くなると汗をかいて体温調節をしますが、ふわふわの被毛で覆われている猫たちは、汗をかいたりするのでしょうか?猫がどのように体温管理をしているかを知っておけば、暑いのか寒いのか?を判断する材料になりますよね。

 そこで今回は、猫は汗をかくのか?体温管理はどうしているのか?などの疑問をまとめてみました。


そもそも汗をかくの?

毛づくろいをし合う猫

 まず、猫は汗をかくのか?という疑問からです。

 人間は体に汗腺というものがあり、そこから汗が出てきます。しかし、猫の体の表面には人間と同じ種類の汗腺がないので、私達がイメージする様な汗をかくことはありません

 もともと猫の祖先は、暑さが厳しい砂漠で暮らしていたと言われており、そのような厳しい環境に適応するため、少量の水分でも身体が機能するように変化していったとされています。そのため汗をかくことが無くなっていったのですね。

猫の肉球

 ですが、そんな猫でも足の裏と鼻の頭付近など、一部には汗腺が存在しています。猫が怖がったり緊張したりしている時には、この汗腺から汗が分泌するため、猫の足の裏を触ると湿っていることがあるそうです。

 ただ、この汗腺からの汗は体温管理をするための汗ではなく、緊張したとき等に分泌されるだけです。また、足の裏が湿っていることによって、滑り止めの効果も発揮してくれます。自分の身長の倍以上のところへジャンプしたり、高所を歩く猫にとって、滑り止めは大切な役割を担っているんですね。

 ちなみに、人間が汗をかくのは「エックリン汗腺」と呼ばれるものですが、猫は全身に「アポクリン汗腺」と呼ばれるものが発達しているそうです。アポクリン汗腺からは、透明ではなく白い油状の汗が分泌されます

 この汗は、猫特有の体臭の元とされていますが、猫同士のコミュニケーションには大切な匂いともされています。

sponsored link

どうやって体温を管理しているの?

毛づくろいをされている猫

 次に、猫は体温管理をどのようにするのか?という疑問です。人間は汗をかく事で水分が蒸発し、その気化熱によって体温を下げることが出来ます。では、汗をかかない猫は、どのように体温管理をしているのでしょうか?

 以下に、猫が体温管理する方法をまとめてみたので確認していきましょう。


パンディング

 猫がハァハァと荒い息遣いをしているところを見かけた事はありませんか?何か苦しいのかな?と心配になりますし、驚いてしまう飼い主さんもいると思います。

 これは「パンディング呼吸」と呼ばれる呼吸方法で、体温が上がりすぎたときに、このパンディング呼吸をして体温を下げているんです。ただ、猫はあまりパンディング呼吸をしませんので、このような姿を見たことがないという人の方が多いでしょう。

 パンディング呼吸は、犬が運動した後のハァハァというのをイメージするとわかりやすいです。飼い猫がこのような呼吸をしていたら体温を下げているんだな、と考えましょう。ただ、パンディング呼吸がずっと続いているようでしたら、獣医さんに診てもらってください。

毛づくろいをする野良猫

毛づくろい

 毛づくろいには「体をきれいにするため」そして、「リラックスするため」などの理由がありますが、体温調整という役割もあるのです。

 毛づくろいをするとき、自分の舌で毛を舐めて行いますよね。そのときに出る唾液の気化熱によって体温を下げます

 猫は頻繁に毛づくろいをするため、先ほどのパンディング呼吸をしなくても体温を下げることが出来るというわけです。

 また、毛づくろいをすることで被毛の中に空気を取り込み、逆に体温を逃さないようにするなど、保温効果も期待できます。寒い日などには、毛づくろいによって体温を逃さないようにしているんですね。

冷蔵庫に入る猫

快適な場所を選ぶ

 寒い日はやけに飼い猫がすり寄ってくる…なんて経験はありませんか?猫は寒いときには人に寄り添って温まったり、人がいる温かい場所へと移動し、体温を調節することがあります。

 また、暑い夏には風通しの良い涼しい場所や、冷たい床で寝転ぶなどして体温を調節しているのです。このように、一番快適で過ごしやすい場所を選ぶことで体温調整をしています


まとめ

後ろ足の肉球が見える猫

猫の汗は体温調節ではない

 猫は人間のように汗をかくのではなく、呼吸や毛づくろいなどで体温を調整していることがわかりました。また、汗が体温調節ではなく、滑り止めとして使われているのは意外でしたね!

 猫という動物は、人間のように汗をかかない事から、体を温めることよりも冷ますことのほうが苦手な動物です。そのため、人間にとって暑く汗が噴き出るような環境は、猫にとっても同じく暑い環境と言えます。

 そのため、熱中症や脱水症状を予防するためにも、夏場の暑い時期の室温はしっかりと管理してあげたほうが良いでしょう。また、飼い猫がパンディング呼吸をしている場面を見かけたら、室温の調整や水分補給など気にかけてあげるようにしましょう!

sponsored link

Message

AdSense