猫がお尻歩きをしている…?考えられる原因や対策とは?

記事公開日:
最終更新日:
猫の豆知識

猫のお尻歩きとは

飼っている猫が床におしりをこすりつけて歩くしぐさ。見ている分にはとてもかわいいので、ついつい写真に収めてしまう飼い主さんも多いのでは?



でも、その頻度が高いと「体の調子でも悪いのかなぁ…」と不安になりますよね。そこで今回は、猫がお尻歩きをする原因と対策についてご紹介していきます。


sponsored link

猫の豆知識」カテゴリーの人気記事

猫がお尻歩きをする原因

座ってこちらを見る猫

肛門腺からの分泌が弱くなっている

猫のお尻には、肛門から斜め下、時計でいう「4」と「8」の数字の位置に「肛門嚢(こうもんのう)」という袋があります。

そして、その中には「肛門腺(こうもんせん)」と呼ばれる分泌器官があるのですが、実は猫のお尻歩きは、この肛門嚢でつくられる分泌液が、肛門腺からうまく排出されないことで起こると言われています。

一般的に肛門嚢の中にある分泌液は、マーキングの時や排泄の時に一緒に排出されます。ですが、その働きが弱くなると、分泌液がうまくお尻から外に出なくなり、肛門嚢にどんどん溜まっていってしまうのです。

すると、お尻がムズムズしたり、かゆくなったりするため、猫はそれが気になってお尻歩きを行なうようになります。


特に家猫は肛門腺の分泌が弱くなりがち

キーボードに座る猫

お尻歩きは、外に出ることが少ない家猫によく見られ、これには家猫の生活環境が関係しています。

はっきりとしたことはわかっていなのですが、肛門嚢の中にある分泌液は、興奮状態である時に排出が促されると言われています。つまり、ストレスが溜まっていたり、驚いたりした時は、分泌液がスムーズに肛門から外に出やすくなるというわけです。


基本的に外にいる猫は、他の猫との接触があり、興奮状態になることが多いですよね。そのため、分泌液がうまく排出される傾向にあります。

一方、家猫は、他の猫との接触がほとんどなく、興奮状態になることが少ないので、個体によって異なりますが、分泌液が排出されにくくなるのです。

肛門腺の分泌液は、溜まっていくと思わぬ病気につながる可能性があります。その病気については、次の項目でしっかりチェックしていきましょう。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

※コメントは管理人の承認後に表示されます