アメリカンカールの性格や毛色って?まさか…もとは野良猫だった!?

猫図鑑

アメリカンカールの歴史

もとは野良猫だった?

 アメリカンカールは、1981年にアメリカのカリフォルニア州のルーガ夫妻の元に、2匹の猫が迷い込んできた事がきっかけで誕生しました。

 その、迷い込んできた猫の被毛が美しく、耳が後ろにカールしている特徴を持つ事から、迷い猫の一匹に「シュラミス(黒い美人)」と名付け、ルーガ夫妻はさっそく交配に取り掛かかりました。


 その後、産まれてきた4匹の子供のうち、2匹の耳が外向きにカールしていた事から、この特徴は遺伝性のものであることが分かり、新品種として確立される事になりました。

 また、当時は一部の猫愛好家や学者から後ろにカールした耳は奇形であると議論されていましたが、イギリスの学者ロイ・ロビンソン氏がアメリカンカールを分析した結果、奇形はなく優性遺伝であること、遺伝疾患を伴わないことなどがわかりました。

 そして、アメリカンカールが誕生してから約30年ほどが経ちますが、まだまだ新しい猫種という事で品種改良も行われており、耳が後ろにカールしていない個体も誕生しています。ちなみに、耳が後ろにカールする確率は50%以上あるのだとか。

sponsored link

人気記事ランキング

アメリカンカールの性格

こちらを見つめるアメリカンカール

留守番が得意!?

 そんな、野良猫だった経歴をもつアメリカンカールの性格は、愛敬たっぷりで大人しく、非常にしつげがしやすい性格として有名です。

 人間に警戒する事が少なく、人に寄り添う事が好きな性格なので、猫が少し苦手…という方もアメリカンカールなら好きになれるのではないでしょうか?

DSで遊ぶ猫

 また、アメリカンカールはイタズラをする事が少ないことから、一人暮らしの方や、家を空けることが多い方など、留守番をさせるにはうってつけの猫と言えます。

 ただ、いつも一人にさせておくのではなく、時にはたくさん甘えさせてあげることも忘れない様にしましょう。

アメリカンカールの毛色

何かを狙うアメリカンカール

全ての毛色や被毛が認められている!

 後ろにカールした耳がとっても可愛らしいアメリカンカールですが、毛色にはどんな種類があるのでしょうか。

 色は主に「ホワイト」「シルバー」「ブラック」「ブラウン」「ブルー」などがありますが、固定の毛色だけが認められているのではなく全ての毛色がアメリカンカールとして認められているそうです。

 そのため、単色系以外にもシルバータビーやブラウンタビーなど、タビー系(縞模様)の毛色も数多く存在します。

 また、毛色だけではなく被毛の長さも「長毛タイプ」と「短毛タイプ」に分けられており、これもまたどちらのタイプでもアメリカンカールとして認められているそうです。

アメリカンカールの平均体重

成猫のアメリカンカール

どれくらい大きくなるの?

 アメリカンカールは、どこまで成長する猫種なのでしょうか?アメリカンカールを飼う上で、体重の管理はとても大切な事です。

 そこで、以下にアメリカンカールの平均体重を雄(オス)と雌(メス)別に、それぞれ分けてまとめてみたので確認してみましょう。

アメリカンカールの平均体重
雄(オス) 3.0kg~5.5kg
雌(メス) 2.2kg~4.5kg

 アメリカンカールの平均体重はこのようになっており、雄(オス)で3.0kg~5.5kg、雌(メス)で2.2kg~4.5kgとなっています。これは、一般的な猫の平均体重と比較した際に、少し軽めの体重となっています。

アメリカンカールの平均寿命

子供のアメリカンカール

一緒に暮らせる期間

 次に、アメリカンカールの平均寿命は一体どれ程となっているのでしょうか?

 アメリカンカールと暮らしていく上で、寿命などはあまり考えたくないところだとは思いますが、これも飼い主の責任と思い、しっかり把握しておきましょう。

 そこで、以下にアメリカンカールの平均寿命をまとめてみました。

アメリカンカールの平均寿命
13歳~16歳

 アメリカンカールの平均寿命は13歳~16歳となっており、一般的な猫の平均寿命が15歳前後とされているため、それよりも少し長めの寿命である事がわかります。

 ただ、飼い主が日ごろの食事や体調をしっかりと管理してあげる事で、更に平均寿命を超える事は十分に考えられるので、体調管理には気をつけてあげるようにしましょう。

アメリカンカールの飼い方と注意点

寝ているアメリカンカール

耳の触り過ぎに注意!

 ここまで、アメリカンカールの歴史や性格、平均的な体重や寿命についてまとめてきましたが、これからアメリカンカールと暮らす上で注意すべき点などはあるのでしょうか?

 まず、アメリカンカール最大の特徴というべきカールした耳ですが、触れたくなる気持ちはわかりますが、あまり触わり過ぎると耳の内部にある軟骨を傷つけることがあるので、イタズラ半分にしつこく触るのは止めましょう。

 ブラッシングは、短毛種の場合だと1日1回程度のブラッシング、長毛種の場合は朝と晩1回ずつのブラッシングとコーミングが理想的です。


気を付けたい病気は?

 歴史の中でもお話しした様に、アメリカンカールは遺伝疾患が非常に少ない猫と言われています。そのため、遺伝疾患による大きな病気を心配する必要はないでしょう。

 ただし、特徴である耳の開口部が大きいため外耳炎を発症しやすくなっています。そのため、日ごろから耳の手入れをしてあげると予防策に繋がります。

 他にも、長毛種の場合は毛球症(もうきゅうしょう)に注意しましょう。これは、被毛が長い猫に見られる病気なんですが、抜け毛を大量に飲み込んでしまうことで消化器官内に毛が溜まってしまい、吐くことも排便することもできなくなってしまいます。

 対策としては、やはりこまめなブラッシングが有効的です。また、ときどきでも良いのでお風呂にいれる、もしくは濡れたタオルで身体を拭いてあげるだけでも抜け毛を拭き取ることが出来るので、無理のない方を試してみてください。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

※コメントは管理人の承認後に表示されます