猫が食後にしゃっくりをする…止めてあげたほうが良いの?

記事公開日:
最終更新日:
何かにびっくりした猫
猫の豆知識

食後に猫がしゃっくりをする

食後にしゃっくりをする愛猫を見て「大丈夫かな?止めたほうが良いのかな?」と、心配になる飼い主さんも多いですよね。


ただ、意図的に止めて良いものかもわからず不安に思う事も…。そういう時、どうすれば良いのか?今回の記事でご紹介していきます!


※この動画はイメージです。


sponsored link

猫の豆知識」カテゴリーの人気記事

食後に猫がしゃっくりをする原因

キャットフードを食べ終わった猫

猫がごはんを食べた後にしゃっくりをするのは、横隔膜が不規則に痙攣するからです。この現象を引き起こす原因は、主に3つあります。


  • ごはんの食べ過ぎ
  • ごはんの早食い
  • ごはんや水と一緒に空気を飲み込む

どうしてこの3つが横隔膜の痙攣を引き起こすのでしょうか。それは主に、横隔膜の近くに胃があること、横隔膜につながっている「横隔神経」の近くに食道が通っていることが関係しています。


実は、ごはんの早食いや食べ過ぎ、空気の飲み込みは、食道を膨らませたり胃を活発にしたりし、横隔神経や横隔膜に刺激を与えると言われています。それによって、横隔膜が痙攣し、しゃっくりが出るようになると言われています。このメカニズムは、基本的に人と同じのようですね。


ただ、猫の場合は人のように声を出さずに、基本的に「ビクン、ビクン」と体が波打つようなしゃっくりをします。そのため、「何だか苦しそう…」と、心配してしまう飼い主さんもたくさんいると思います。止めてあげたほうがいいのでしょうか?

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

※コメントは管理人の承認後に表示されます