もしかしたら病気の可能性も!?猫がいびきをかく原因とその対策とは

記事公開日:
最終更新日:
猫の豆知識
sponsored link

猫の豆知識」カテゴリーの人気記事

病気を見分けるヒントはいびきの音!

口を開けて寝る猫

正常な猫のいびき

体が正常な猫のいびきは、基本的に「スピースピー」と静かな音を発します。


※この動画はイメージです。


このように、いびきというよりも寝息のような音を発する場合は、正常な状態と言えます。


病気にかかっている可能性が高い猫のいびき

一方で、さきほど取り上げた病気にかかっている猫は、「ガァー」や「ビィー」といった濁った音のいびきを発する傾向にあります。


※この動画はイメージです。実際に病気にかかっているわけではありません。


こうした大きないびきをしながら寝ている場合は、体に何かしらの異常をかかえている可能性がありますので注意しましょう。


猫のいびきの対策方法とは

窓際で寝る猫

運動で体を動かす

肥満が原因で大きないびきをしている場合は、日ごろから定期的に運動させるようにしましょう。また、1回で摂取する食事の量をうまく調整し、余分なエネルギーを取らせないようにコントロールしてあげる必要もあります。


病院で診察してもらう

脂肪が少なくスラッとした体型なのに、大きないびきをしながら寝ている時は、病気になっている可能性があります。この場合は、セルフで対策することが難しいので、病院に行って診察してもらうようにしましょう。


猫は調子が悪い時に、人がわかるようなサインを自ら発することはほとんどありません。つまり、飼い主さんのほうから、異常を見極めてあげる必要があります。

かわいい猫が常に健康状態でいられるように、日ごろから寝ている様子を細かくチェックしてあげるようにしましょうね!

こちらの記事もよく読まれています

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

※コメントは管理人の承認後に表示されます