世界的な知名度の裏には、人の欲望が…。ラグドールの性格や特徴とは

ラグドールの歴史

カメラ目線のラグドール

ビジネスに利用された過去…

 ラグドールは、1963年にアメリカのカリフォルニア州に住むアン・ベイカーというブリーダーが、「ペルシャ」と「バーマン」を交配させた事により誕生しました。

 その際、アン・ベイカーは産まれてきた猫達の魅力に自信を持ち「自らが設立した組織に登録したブリーダーにしかその名前を使わせない」という、フランチャイズの様な体制を設けました。

 結果的に知名度は世界中に広がったものの、その厳しい規制に疑問を持った夫婦が、フランチャイズ契約を行わずに譲り受けた子猫で「ラガマフィン」を作出したんだそうです。

 その後、彼女が設立したIRCAという組織は20世紀後半に分裂し、初期の作出者以外のブリーダー達によって、現在のラグドールが形作られることになりました。

sponsored link

ラグドールの性格

何かを見つめるラグドール

優しくおおらか

 そんな、少し複雑な過去を持つラグドールの性格は、とても大らかで優しい性格の子が多くなっています。

 また、ラグドールという名前には「ぬいぐるみ」という意味が込められていますが、その名前の通り抱きかかえられる事にもほとんど抵抗する事がなく、子供からも人気の猫種となっています。

猫を抱っこするアライグマ

 他にも、狩猟本能がそこまで激しくない為か、爪を出して引っ掻く事が少ないとも言われています。

 ただ、大人しいと言っても飼い主と遊ぶことは好きなので、たくさん遊んでコミュニケーションを取るようにしましょう。

ラグドールの平均体重

散歩するラグドール

どれくらい成長するの?

 さて、ラグドールはどこまで大きくなる猫種なのでしょうか?しっかりとした骨格をしているので、それなりに大きくなる事が予想されますが…。

 そこで、以下に平均体重を雄(オス)と雌(メス)別に、それぞれ分けてまとめてみたので確認してみましょう。

ラグドールの平均体重
雄(オス) 5.2kg~7.3kg
雌(メス) 4.3kg~5.5kg

 ラグドールの平均体重は、雄(オス)で5.2kg~7.3kg、雌(メス)で4.3kg~5.5kgとなっており、平均的な猫の体重よりもかなり重いと言えます。

 そのため「世界一体重の重い猫」とも呼ばれており、なかには10kgを超えるほど成長する猫も存在するんだとか…。これは、人間で言う2~3歳児と同じ大きさになります。

sponsored link

ラグドールの平均寿命

ラグドールの子猫達

一緒に暮らせる期間

 次に、平均寿命は一体どれ程となっているのでしょうか?

 ラグドールを飼おうと考えている方、もしくはすでに飼っている方にとって平均寿命などは考えたくないところだとは思いますが、これも飼い主の責任として、しっかり把握しておくべきポイントです。

 そこで、以下に平均寿命をまとめてみたので確認してみましょう。

ラグドールの平均寿命
14歳~16歳

 ラグドールの平均寿命は14歳~16歳となっており、一般的な猫の平均寿命が15歳前後とされているため、それよりも長いことがわかります。

飼育時の注意点

マウスを枕にして寝るラグドール

キャットタワーは低めでOK!

 ここまで、ラグドールの歴史や性格、平均的な体重や寿命についてまとめてきましたが、これから一緒に暮らす上で注意すべき点などはあるのでしょうか?

 まず、基本的に体が大きいため高い所に上る事が少ないと言えます。そのため、キャットタワーを設置するにしても低めにし、その重さに耐えられる物を設置する様にしましょう。

 また、食事の管理をしてあげないと、下腹がぽっこり出てくるなど肥満の原因にもなるので、日ごろからご飯のあげ過ぎには注意しましょう。

 ブラッシングは1日に1回程度、最低でも週の半分以上はブラッシングやコーミングを行う様にしましょう。

sponsored link

Message

AdSense