…え!?計算上は10年以上も寝ている事に!子猫や成猫の睡眠時間はどれくらい?

猫の睡眠時間

ベランダの柵でバランス良く寝る猫

 天気の良し悪しに関係なく、多くの猫達は一日の大半を寝て過ごしていますよね。

 猫は昔からよく寝る事で知られており、その語源も「寝子(ねこ)」と言われているほど睡眠時間が多くなっているんです。

 ただ、猫がよく寝ることを知ってはいるけど、そのあまりの睡眠時間の長さに「うちの子は寝過ぎじゃない!?」と心配になる方も多いはず。

 そこで今回は、子猫や成猫の睡眠時間についてまとめてみました。

sponsored link

平均的な睡眠時間

横一列に並んで寝る猫

子猫と成猫では異なる

 まず、一般的に猫はどれくらい眠る生き物なのでしょうか?

 これは、人間の赤ちゃんと大人の睡眠時間が異なるように、子猫と成猫でも眠る時間は大きく変わってきます。

 成猫の場合、平均すると1日24時間のうち12時間~15間程度を寝て過ごすと言われています。

 子猫(1歳未満)の場合は、平均すると1日24時間のうち18時間~20時間程度を寝て過ごすと言われています。

寝顔がひどい猫のセツ


 これを見てわかるように、猫は子猫や成猫を問わずとてもよく寝る生き物となっており、1日の睡眠時間を17時間とし、猫の平均寿命と言われている15年間で計算したとき…実に約11年間、生涯の3分の2を寝て過ごしている事がわかります。

 たしかに、これだけ寝ていれば「寝子(ねこ)」という名前が付けられるのも納得がいきますよね。

平均的な睡眠時間
  • 子猫(1歳未満)
    18時間~20時間程度
  • 成猫
    12時間~15間程度

sponsored link

猫が多く寝る理由

仰向けに寝る猫

なぜそんなに寝るの?

 そもそも、猫はなぜそこまで多くの時間を睡眠に費やすのでしょうか?

 これは猫だけに限らず、様々な動物に共通して言えることですが、野生動物の場合は自ら狩りを行って食料を確保しますよね。

 その際、「集中力」「走力」「瞬発力」と、様々な能力を駆使して狩猟をおこなうため、非常にたくさんのエネルギーを使う事になります。

 そのため、いざという時に体力が切れてしまわないよう、日頃から寝て過ごし体力を温存するためと言われています。

魚を盗み食う猫


 また、野良の世界ではいつ獲物に遭遇できるか、その狩りが成功するのか失敗するのかもわからない状況です。

 最悪の場合、数日間なにも口にすることがない状況も考えられます。そんな時の為に、極力動かず長時間の睡眠を確保し、空腹にならないよう努めているとも言われています。


まとめ

酔い潰れたように眠る猫

実は思ったほど寝ていない!?

 ここまで、猫の睡眠時間についてまとめてきましたが、いかがだったでしょうか?

 猫がたくさん寝る理由や意味をわかってもらえたかと思いますが、実は…思ったほど眠れていないとも言われているんです。

 その理由として、猫はレム睡眠(眠りが浅い状態)の場合が多く、仮に15時間寝たとしてもノンレム睡眠(深い眠り)に陥るのは約3時間程度となっています。

 このノンレム睡眠に陥っている時は、とても無防備な格好で寝ていたり、少しくらいの物音では起きない事がほとんどのため、そんな状況に遭遇した場合はそっと寝かせておいてあげる様にしましょう。

sponsored link

Comment

  1. なかのぶくにこ より:

    子猫いますこばんあまり食べないので気にしています

    • 管理人 より:

      なかのぶくにこさん

      コメント頂きありがとうございます。

      >子猫いますこばんあまり食べないので気にしています
      子猫ちゃんを新しくご家族として迎え入れたのですね^^
      ただ、ご飯を食べてくれないのは気になりますよね。原因としては「新しい家にまだ慣れていない」事や「ご飯が口に合わない」「何かしらの病気で具合が悪い」など、様々な原因が考えられます。

      猫はとてもデリケートな生き物なので、生活環境が大きく変わる事で警戒心から食事をとらなくなる事もあるようです。
      まだ、家に迎え入れて間もないのであれば、人目につかないような場所を作ってそこでご飯をあげてみたり、子猫用のミルクを与えてみるなど何かしらの”変化”を付けてみるのも良いかもしれませんね。

Message

AdSense