これであなたも猫の召喚士!愛猫家を虜にした猫ホイホイの作り方やコツとは

記事公開日:
最終更新日:
猫の豆知識
sponsored link

猫の豆知識」カテゴリーの人気記事

猫ホイホイの作り方

猫ホイホイに入る猫


作成時のコツなど

 さて、自由気ままな猫を好きな場所に召喚する事ができる猫ホイホイは、どうすれば作れるのでしょうか?

 その方法は非常に簡単で、段ボールやビニール袋であれば特に何かをする必要はありません。そのままでも、十分に猫を召喚する事ができます。笑

 本題はここからです。紐やテープで猫ホイホイを作る場合、六角形や七角形など、円陣を作るつもりで床に弧を描いてみましょう。

 猫ホイホイの作り方はたったこれだけなんです。それだけで本当に猫が集まってくれるの?と疑問に思う方もいるかと思います。

 そこで、以下に様々な猫ホイホイを掲載していくので、参考にしてみてはいかがでしょうか?

※このように、六角形以上の各数を意識すると良いかも?
赤いテープの猫ホイホイ

※スカーフを使って作っても大丈夫!
スカーフの猫ホイホイに入る猫

※なんと、電気コードでも入ってくれます!
電気コードの猫転送装置
出典:http://jugemnekoneko.jugem.jp/

※もちろん、ベルトでもOK!
ベルトの猫転送装置に入る猫

※脱ぎ散らかしたズボンにも入ってくれます!笑
猫ホイホイに入る猫

※すごい召喚率ですね。
いびつな形の猫転送装置


 ただ、どんな猫ホイホイにも入ってくれるわけではないようです。調べてみたところ、六角形以下のものに関しては、成功率が低い傾向にある印象を受けました。

※四角はあまりお気に召さない?
四角形の猫ホイホイを見つめる猫
出典:http://canolotta.exblog.jp/

※五角形でも入りにくい?
猫ホイホイよりカメラが気になる猫

※丸型でも洗濯バサミはダメみたい…。
洗濯バサミの猫転送装置
出典:http://nyaago.ti-da.net/


 また、作成時のコツとしては「大きい物より小さい方を好む傾向にある」「六角形以上だと入り易い」これらを意識した上で作成すると、成功率が上がると思われます。

※小さい方がぴったりフィットする!
小さい方の猫ホイホイに入る猫


 なお、以下に猫ホイホイの作成動画を掲載しておくので、気になった方はご覧になって見てはいかがでしょうか。


※「猫転送装置、猫ホイホイの作成動画」


まとめ

クッションに群がる子猫


必ず入るわけではない

 ここまで、猫ホイホイに入る理由や作成方法、コツについてまとめてきましたが、どうやら必ず猫ホイホイで召喚できるわけではないようです。

 猫の性格にもよるのかもしれませんが、警戒心が強かったり、神経質な性格の場合、様子を見に来るものの、中には入らない事もよくあります。

 ただ、円陣を作成する際の物を変えてみるだけで、成功率が変わる事も考えられるので、どうしても召喚したい!と言う方は、様々な物を使って作成してみてはいかがでしょうか?

 ちなみに、管理人の猫達はテープでの猫ホイホイには反応してくれませんでしたが、ベルトで作成した猫ホイホイには見事に入ってくれました!笑

こちらの記事もよく読まれています

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

※コメントは管理人の承認後に表示されます