猫の鼻が乾燥する理由って?その原因から対策まで徹底解説!

猫の鼻のアップ
猫の豆知識

猫の鼻が乾燥する?

小さく可愛らしい猫の鼻。普段、注目して見ることはあまりないですよね。猫の鼻は通常、冷たく湿っているのですが、たまに乾燥している事があるんです。


そんな時は要注意。体に異変が起きている可能性があります。

そのため、今回は猫の鼻が乾燥する理由と対策、その予防方法についてご紹介していきます。


sponsored link

猫の豆知識」カテゴリーの人気記事

猫の鼻が乾燥する理由

鼻と口元をアップで写した猫

鼻腺がつまっている

猫の鼻は、鼻細胞が分泌する液体によって、普段はしっとりしています。ところが、その液体を排出している鼻腺がつまると、うまく分泌されなくなり、鼻の乾燥を引き起こします。


鼻腺がつまると、猫の目は潤んだ状態になります。これは、体のメカニズムによるもので、鼻の分泌液が「鼻腺」と「涙腺」から排出されるようになっているため、鼻腺がつまると、それを補おうと涙腺の働きが活発になり目から分泌液が多く出るようになるのです。

そして、それが目の潤みにつながります。もし、猫の鼻が乾燥していると同時に、目が潤んでいる時は、鼻腺がつまっていると疑うようにしましょう。


発熱・脱水症状が起きている

「発熱」や「脱水症状」が起きている時も、猫の鼻は乾燥します。「猫の鼻が乾燥している時は、体の調子が悪い」と言われるようになった理由はここにあります。


鼻が乾燥している状態で「食欲がない」「あまり水を飲まない」など、様子がいつもと違う場合は、病気になっている可能性が高いでしょう。


歳を重ねて高齢になっている

高齢の猫は、鼻が乾燥することが多くなります。詳しいことはわかっていませんが、加齢によって、もともと体に備わっているさまざまな機能が低下するためと考えられています。長寿の猫の鼻が普段から乾燥している時は、年齢が関係している可能性が高いと言えます。


また、「眠い時」や「リラックスしている時」、「運動した時」、「朝起きた時」も、鼻が乾燥する傾向にあります。

鼻が乾燥しすぎるとどうなる?

クリーム色の猫の口元

鼻のひび割れを引き起こす

鼻の乾燥がひどくなると、「ひび割れ」を引き起こします。鼻が割れた姿は、なんとも痛々しいです。それだけではなく、猫にとって重要な「においを嗅ぎ取る力」も低下してしまいます。こうなると、食べ物をうまく認識できなくなり、食欲も下がります。


猫に健康的な生活を送ってもらうためにも、鼻の乾燥対策はしっかりやっておきたいところです。そこで次の項目では、実際に鼻が乾燥した時の対策方法について見ていきましょう。

猫の鼻が乾燥した時の対策は?

猫の鼻のアップ

鼻腺のつまりで鼻が乾燥している時

鼻腺のつまりで鼻が乾燥している時は、病院で診察してもらうようにしましょう。鼻腺のつまりは、体に何かしらの異常が起きている証拠です。その原因がわからないままケアをすると、症状が悪化することも考えられます。


発熱・脱水症状によって鼻が乾燥している時

発熱や脱水症状で鼻が乾燥している時も、病院に連れて行くようにしましょう。また、自宅では、体を冷やしてあげたり、水を飲ませる等のケアがオススメです。

体を冷やす時は、血液の循環が多い首の後ろなどに、冷えたタオルや保冷剤を当てることがポイント。気持ち良さそうだからと言って、冷たい水に浸けることは絶対に止めましょう。体調を崩す原因になります。


高齢によって鼻が乾燥している時

高齢によって鼻が乾燥している時は、猫用クリームで保湿してあげましょう。猫用クリームは、ペットショップや動物病院などで販売されています。手元にない場合は、備えとして購入しておくことをオススメします。

鼻の乾燥を予防する方法

元気がない猫

部屋の湿度を高めにする

部屋の湿度を高めにすることで、鼻の乾燥予防につながると言われています。理想は「40%以下」にならないこと。特に空気が乾燥している冬場は、定期的に湿度をチェックするようにしましょう。


暖房器具にガードを設置する

猫は温かいところが好きな動物です。寒い時にストーブなど、暖房器具の近くで、ぬくぬくしている猫の姿を見る飼い主さんも多いのではないでしょうか。

実は、この暖房器具によって鼻が乾燥することもあります。

猫が暖房機器に近づき過ぎないようにガードを設置するなどして、鼻の乾燥を事前に防いでいきましょう。ホットカーペットなどの暖房器具だと温風が出ないので安心ですね。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

※コメントは管理人の承認後に表示されます