全体の約70%超え!?「日本一飼われている猫種」雑種の性格や特徴とは

雑種の比率や定義

毛糸玉とじゃれている雑種の飼い猫

日本一飼われている猫種

 現在、日本国内で飼育されている猫の数は約1,000万頭と言われており、世帯数で算出すると実に10件に1件が猫を飼っている事になります。

 その中でも、「雑種(ミックス)」の猫が最も多く飼育されており、平成26年度(2014年)の日本ペットフード協会の調査によると、全体の79.6%もの猫が雑種であるとされています。

 そもそも、雑種の定義がどのように定められているか曖昧な方も多いのではないでしょうか?雑種とは、同種かつ異なる品種同士を掛け合わせて生まれる個体の事で、つまりは別の猫種同士で交配した結果生まれた子はすべて雑種に分類される事になります。

 そのため、飼い主の管理下以外の場所で交配し生まれてしまった子、他種同士の良いところを取って誕生させた子も雑種扱いとなるため、その大半を占める事となっているんです。

 ちなみに、その他の猫の飼育割合は以下のようになっています。


【2014年】国内における猫種別の飼育割合

sponsored link

雑種の性格

毛糸玉で遊ぶ雑種の飼い猫

純血と違い決まっていない?

 そんな、日本一多く飼われている雑種猫の性格は、純血種の猫とは違い育ってみなければわからない…という事がほとんどなんだそうです。

 その理由としては、様々な種類の血が混合しているため各猫によってその血筋も違い、それに伴い性格も千差万別となっているということなんです。

猫島の雑種猫の大群

 ただ、絶対数が多いだけに一般的に言われている性格が当てはまる事がよくあり、短毛種の子は「元気で活発な子が多い」、長毛種の子は「穏やかで大人しい性格の子が多い」と言われています。

 もちろん、必ずこれが当てはまると言う事ではありませんが、性格を判断する一つの目安として参考にしてみるのも良いかもしれませんね。

雑種の平均体重

仲良く遊ぶ雑種の飼い猫

大きさはどれくらい?

 さて、雑種はどこまで大きくなる猫種なのでしょうか?比較的体が大きいとされているメインクーンの血筋等が入っていると話は変わってきますが、以下に平均的な体重を雄(オス)と雌(メス)別に、それぞれ分けてまとめてみたので確認してみましょう。

雑種の平均体重
雄(オス) 4.3kg~5.5kg
雌(メス) 3.1kg~4.2kg

 平均体重はこのようになっており、雄(オス)で4.3kg~5.5kg、雌(メス)で3.1kg~4.2kgとなっています。

 これは、一般的な猫の平均体重となっているため一概に言うことはできませんが、自身の愛猫がこれよりも数キロ単位で重いようであれば、減量に向けた食事の管理等を行う事をおすすめします。

続きを読む>>
sponsored link

Comment

  1. みみ より:

    猫に惚れちゃいそう♡

  2. さかな より:

    さかなくんはとっても可愛いです。

Message

AdSense