仲間達の手によって繋がれてきた命だった!スノーシューの性格や特徴

スノーシューの歴史

カメラを見つめるスノーシュー

シャムの突然変異だった

 スノーシューは、1960年代にシャムのブリーダーだったドロシーハインズという女性が、シャムの子猫の中に3匹も足先が白い子がいる事に気が付いたのが始まりとされています。

 そこで、この猫を繁殖させようと短毛種の猫と交配させましたがうまくいかず、結果的にアメリカンショートヘアとの交配が最善であると判断し、そうして産まれてきた子が現在のスノーシューの原型となっています。

 ただ、当時はシャムを交配させ作出された短毛種の猫が多く存在し、またキャットショーの為だけに作出されたと判断され、なかなか評価をされなかったんだそうです。

 その後、ドロシーハインズは繁殖を諦めましたが、彼女の仕事を見ていた他のブリーダー達によって繁殖が継続され、現在に至ります。

sponsored link

スノーシューの性格

じゃれる猫のスノーシュー

ご主人を見定める!

 一度は繁殖が止められたものの、ブリーダー達の手によってその命が繋がれていたスノーシューの性格は、とても甘えん坊な性格の子が多くなっています。

 また、学習能力が非常に高く、ドアを開けてみたり、思いもよらないイタズラをしてみたりと、やんちゃな一面も持ち合わせています。

何かをたくらむ猫

 他にも、スノーシューはとても賢いため、家族の中でもしっかりとご主人さまを見定めて愛情表現をするなど、処世術が非常に優れている猫種でもあります。

 ただ、少し鳴き癖のある子もいるようなのでマンション等で飼うには不向きかもしれませんが、優しい鳴き声をしているので、大きな問題にはならないと言えます。

スノーシューの平均体重

二匹のスノーシュー

どこまで成長するの?

 さて、スノーシューはどれほどの大きさまで成長する猫種なのでしょうか?

 手足の白いポイントが可愛らしいスノーシューの平均体重を雄(オス)と雌(メス)それぞれ分けてまとめてみたので、確認してみましょう。

スノーシューの平均体重
雄(オス) 3.8kg~6.4kg
雌(メス) 3.0kg~5.5kg

 スノーシューの平均体重はこのようになっており、雄(オス)で3.8kg~6.4kg、雌(メス)で3.0kg~5.5kgとなっています。

続きを読む>>
sponsored link

Message

AdSense