これって…シャムとバーミーズの良いとこ取り!?トンキニーズの性格や特徴とは

トンキニーズの歴史

トンキニーズのアップ画像

本当の起源は不明?

 トンキニーズの起源は諸説あり、1800年代に行われたキャットショーに出場したシャムが始まりと言う説。

 1930年代にアメリカの軍人であり、愛猫家であったジョセフ・トンプソン氏が、ミャンマーから持ち帰り「ウォン・マウ」と名付けた1匹の猫が始まりと言う説などがあります。

 ただ、いずれも明確な記録が残っていなく、1950年代にカナダやアメリカのブリーダーがシャムとバーミーズを交配させた事により誕生したと言う記録が残っている事から、現在ではそれがトンキニーズの原型と言われています。

 ちなみに、名前の由来は「South Pacific」というミュージカルに登場する「Tonkanese(トンカニーズ)」と呼ばれる鳥の名前にちなんで付けられましたが、それを知らない人々が原産国であるインドシナ半島のトンキン地方と関連付けて「トンキニーズ」と呼ばれるようになったそうです。

sponsored link

トンキニーズの性格

何かを見つめるトンキニーズ

新しい環境は得意!

 そんな、起源が謎に包まれているトンキニーズの性格は、シャム譲りの活発性があり、好奇心旺盛な子が多くなっています。

 また、バーミーズにも似て物応じせず、子供がいる家庭や、先住猫がいる場合でも、比較的早い段階でその環境に慣れるなど、環境適応力が高い猫種となっています。

麻雀を楽しむ猫

 ただ、少し淋しがり屋な一面も持ち合わせているため、構ってあげない時間が長く続くと新聞の上に乗ってきたり、キーボードの上に乗り作業の邪魔をしてくるなど、いたずらをすることが多くなってきます。

 そのため、コミュニケーションを図る時間を設け、一緒に遊んであげる様にしましょう。

トンキニーズの平均体重

トンキニーズの兄弟

どれくらい育つの?

 さて、トンキニーズはどこまで大きくなる猫種なのでしょうか?基礎となっているシャムやバーミーズと同様、そこまで大きくならない事が予想されますが…。

 そこで、以下に平均体重を雄(オス)と雌(メス)別に、それぞれ分けてまとめてみたので確認してみましょう。

トンキニーズの平均体重
雄(オス) 3.5kg~5.8kg
雌(メス) 2.8kg~3.8kg

 平均体重はこのようになっており、雄(オス)で3.5kg~5.8kg、雌(メス)で2.8kg~3.8kgとなっています。やはり、猫の平均的な体重よりも軽めという事がわかります。

sponsored link

トンキニーズの平均寿命

トンキニーズの子猫達

とっても長生き!

 次に、トンキニーズの平均寿命は一体どれ程なのでしょうか?

 寿命を考えて飼うと言うのも、飼い主にとって少し酷なことではありますが、生き物を飼う上の責任としてしっかり把握する必要があります。

 そこで、以下に平均的な寿命をまとめてみました。

トンキニーズの平均寿命
15歳~17歳

 トンキニーズの平均寿命は15歳~17歳となっており、一般的な猫の平均寿命が15歳前後とされているため、かなり長めの寿命となっています。

 また、平均寿命を超え24歳以上も生きたトンキニーズもいるなど、普段からしっかり体調管理等を行うことで長生きする猫は多く存在します。

飼育時の注意点

青い瞳のトンキニーズ

脱走には注意!

 ここまで、トンキニーズの歴史や性格、平均的な体重や寿命についてまとめてきましたが、一緒に暮らす上で何か注意すべき点はあるのでしょうか?

 まず、トンキニーズは運動量が非常に多い猫種となっているため、上下運動ができるキャットタワーを準備してあげましょう。

 また、好奇心がとても旺盛なので外の世界にも大変興味を抱きやすくなっています。

 そのため、室内飼いをしている場合、窓やドアの開けっぱなしにしていると脱走する恐れがあるので、注意するようにしましょう。

sponsored link

Message

AdSense