これを見れたら至上の喜び!?「サイレントニャー」の意味や鳴くタイミングとは

声を出さないで鳴く?

大きなあくびをする猫

 何かをおねだりをする時や、甘えてくる時、人間と同じくとても愛らしい声色を使い鳴いてくる愛猫達。

 ところがそんな中、口は確かに開いていたはずなのに声が聞こえない…。なんて経験をした事があるのではないでしょうか?

 実はこれ、猫のある感情を表現する際に使われる鳴き方なんですが、何も知らないと喉が痛いんじゃないか?風邪を引いて声が枯れている?など、心配になる方もいるかと思います。

 そこで今回は、声を出さずに鳴くサイレントにゃーについてまとめてみました。

sponsored link

サイレントニャーとは?

こちらを向いて鳴く猫

鳴いているのに聞こえない

 猫と言えば「ニャーニャー」「ミャーミャー」など、可愛らしく鳴く事で知られていますよね。

 ところが、声を出さずに鳴く「サイレントニャー」と呼ばれる鳴き方があるのですが、これは一体なんなのでしょうか?

 実はこれ、人間には聞こえないだけでしっかりと声を出して鳴いているんです。でも、鳴いているのにどうして聞こえないの?と疑問に思いますよね。

 この声は、人間には聞こえない周波数で発せられている為、聞きとる事が難しくなっているんです。

話しがよく聞こえていない人


 形は違えどわかりやすい現象で言うと、犬にしか聞こえない「犬笛」や、若者にしか聞き取りずらい「モスキート音」などがあります。

 このように、声が聞こえていないだけでしっかりと鳴いているので、体調不良の心配をする必要はないですが、あきらかに元気がなく声を出すのがしんどそうな場合はサイレントニャーとは言わないので、注意しましょう。


sponsored link

どんな時に鳴くの?

何かを訴える猫

サイレントニャーをするタイミング

 さて、気になるのは一体どんなタイミングでこのサイレントニャーを発するのか?という事かと思います。

 このサイレントニャーは、基本的に子猫が親猫に甘える時であったり、猫同士でコミュニケーションを図る際に使われます。

 また、「もっと撫でて欲しい」や「玄関のドアを開けて欲しい」など、何かの欲求を相手に伝える際にも使われるんだそうです。

 そして何より、このサイレントニャーは信頼できる飼い主や親猫、仲間にしか行わないため、この鳴き方をあなたが見る事が出来たなら、喜んでも良い状況であると言えます。

サイレントニャーのタイミング
  • 母猫や飼い主に甘える時
  • 仲間同士でコミュニケーションを図る時
  • 何かをおねだりする時

 そんな事を言われてしまうと嬉しくなり、「もっとご飯ちょうだい」「おやつ食べたいなぁ」など、状況によってはおねだりとわかっているのに…つい期待に応えてしまいたくなりますが、そこは毎回応えるのではなく、しっかりと猫の体調や環境を考慮したうえで応じるようにしましょう。

 ちなみに、もちろん個体差があるためサイレントニャーを発さない猫も存在しますが、子猫や雄(オス)猫に多く見られる傾向があるそうなので、子猫や雄(オス)猫を飼っている方は注視してみると良いでしょう。


実際に鳴いている動画は?

パソコンを見る猫

動画で見るサイレントニャー

 ここまで、声を出さずに鳴くサイレントニャーについてまとめてきましたが、やはり実際にどんな姿で鳴いているのか動画を見て確認したいですよね。

 そこで、以下にサイレントニャーをしている猫達の動画をいくつかまとめてみたので、確認してみましょう。その可愛さに、思わず癒されてしまうかも?




 猫たちのサイレントニャーはいかがだったでしょうか?あなたが体験したものと、同じような動画でしたか?

 どちらの動画も、飼い主との信頼関係や甘えている様子が見てうかがえたかと思います。世の中すべての猫と飼い主が、このように良好な関係になれると良いですね。

 ちなみに、こちらの動画はもちろん音声が切れているわけではありませんので、お間違えのないように!笑

sponsored link

Comment

  1. 管理人 より:

    サイレントニャーの記事をご覧頂き、ありがとうございます(^^)

    こちらの記事を閲覧いただいた方々から「思わず吹いてしまったw」との感想が多々寄せられ、管理人の遊び心が皆様に伝ったのだと、とても嬉しく思っております 笑

    これからも、皆様にとって有益な情報をお届けし、かつユーモアを忘れず楽しんでいただけるサイト作りを心がけて行きますので、これからも「ねこびあ~猫のトリビア~」を宜しくお願い致します☆彡

Message

AdSense